logo

日本初! 興行団体がチケットの二次流通を認定 NBL(日本バスケットボールリーグ)が チケット二次流通マーケットプレイスのチケットストリートと提携

5月に開催するプレーオフにてチケットの二次取引を公認化

一般社団法人日本バスケットボールリーグ(東京都品川区:理事長 丸尾 充、以下NBL)は 観戦チケットのインターネットを介した二次流通マーケットプレイスを運営するチケットストリート株式会社(東京都品川区:代表取締役 山本 翔、以下チケットストリート)と提携することを発表いたします。
2014年5月3日(土)より開催されるNBL2013-2014プレーオフの観戦チケットにおいて、4月より公認マーケットプレイスを開始いたします。

■NBLがチケットの二次流通を認める初の取り組み

<チケットの二次流通について>
これまで購買後のチケットは、天災等による開催中止を理由とするものを除き、払い戻しは認められていませんでした。今回、NBLがNBL2013-2014プレーオフに限定して、チケットストリートが設置する二次流通マーケットプレイスを公認とすることで、チケット購入者は観戦に行けなくなった場合でも、当チケットをチケットストリートに出品し、観戦したい新たなファンへ届けることが可能になります。

<チケットの二次流通を利用するメリット>
① 購入後のチケットが譲渡できるようになることで、当該興業に行けなくなる可能性があるファンが持つ不安を払拭し、お客様が安心して購入することができるようになります。
② 上記により、前売りチケットの販売促進につながります。
③ より良席で観戦したい、席種を変更したいといったチケット購入者が、安心・安全な取引をする場が実現します。

<二次流通認定の背景>
欧米ではプロスポーツの主催者公式マーケットは定着しており、MLBやNBAのリーグ、FCバルセロナやACミラン、マンチェスターユナイテッドといったサッカーのトップチームもStubHub! *1やviagogo*2といった二次流通のマーケットプレイスと協業しています。
二次流通の定着により、チケット取引の安全性やファンの利便性・満足度の向上につながっています。

■NBLがプレーオフでチケット二次流通の取り組みを開始する意義
通常、人気の高い席は席数が限られるため、チケットの確保には早期の購入が必要です。
しかしながら、プレーオフはレギュラーシーズンの上位チームにより試合が行われるため、前売りチケットの販売時点(3/1(土)よりNBLオンラインチケットにて先行発売開始)ではプレーオフに出場できるチーム・順位は確定しておらず、応援するチームが出場しない場合や、応援するチームの席位置が変わってしまう場合があります(レギュラーシーズンの順位によりベンチ位置が決まります)。
そのため、応援しているチームが出場できない場合や応援するチーム側と確保した席位置が異なる場合に、保持しているチケットを他のファンへ譲渡する仕組みが期待されていました。

NBLとチケットストリートによる二次流通の取り組みは、こうしたファンの要望を実現し、満足
度を向上することを狙いとしています。

<NBL公認マーケットプレイス 詳細内容・開始時期>
4月1日(火)よりサービス開始を予定しております。サービス内容の詳細につきましては、3月下旬頃にチケットストリートのウェブサイト、NBL公式サイト、NBL公式Facebook、NBL公式twitter等で発表いたします。

<NBL2013-2014プレーオフ 開催概要>
2カンファレンス各6チームに分かれて54試合を戦うレギュラーシーズンの上位3チーム(1位~3位)、計6チームによるトーナメント戦として開催

1. カンファレンスセミファイナル
各カンファレンス2位と3位による3戦2勝方式
5月3日(土)~5月5日(月・祝)にて開催
会場 イースタン:大田区総合体育館、ウェスタン:広島県立総合体育館

2. カンファレンスファイナル
各カンファレンス1位と各カンファレンスセミファイナル勝者による3戦2勝方式
5月10日(土)~5月13日(火)にて開催
会場 イースタン:国立代々木競技場第二体育館
ウェスタン:愛知県体育館、パークアリーナ小牧(第3戦開催の場合)

3. ファイナル
各カンファレンス優勝チームによる5戦3勝方式
5月21日(水)~5月26日(月)にて開催

会場 国立代々木競技場第二体育館

□チケット発売日 NBLオンラインチケット(リンク)先行発売 3月1日(土)10:00~
一般発売 3月8日(土)10:00~

<NBL(ナショナル バスケットボール リーグ)について>
NBLは、日本バスケットボールの男子トップリーグです。2013-2014シーズンは2013年9月28日に開幕し、2014年4月27日まで各チーム54試合を戦います。このレギュラーシーズンの結果を受けて、5月3日よりNBLのチャンピオンを決めるプレーオフを開催いたします。

□NBL加盟チーム
イースタン:レバンガ北海道、リンク栃木ブレックス、千葉ジェッツ、日立サンロッカーズ東京
トヨタ自動車アルバルク東京

ウェスタン:つくばロボッツ、アイシンシーホース三河
三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋、和歌山トライアンズ、兵庫ストークス
熊本ヴォルターズ

団体名:一般社団法人 日本バスケットボールリーグ
設立:2013年7月1日
所在地:東京都品川区西五反田2-28-5 第2オークラビル7F
理事長:丸尾 充

■「チケットストリート」サービスについて
チケットストリートは、ライブ・エンターテインメント・スポーツ等、公演や興行のチケット専門の売買仲介サイトです。現在、15万人のユーザー様にご利用頂いております。中でも多くのユーザー様に支持を得ている「安心プラス」というサービスが強みです。

「安心プラス」とは、オンラインでの安心・安全・簡単な取引を実現するため、ライブコンサート、演劇、スポーツ等のチケットが出品者から購入者へ発送される際に「チケットストリート」が発送の仲介を行うサービスです。「安心プラス」をご利用頂くことで偽造チケット被害や公演中止の補償もいたします。

「チケットストリート」では、「ライブ・エンターテインメントの感動を全ての人に」をキャッチフレーズに、オンラインのマーケットプレイスで唯一の電話サポートを提供するなど、お客様の安心・安全にこだわったサービスを提供しています。今後も健全かつ安心な興行チケットの流通モデルの構築に貢献してまいります。

■チケットストリート株式会社 概要
設立:2011年8月
所在地:東京都品川区西五反田2-27-4 明治安田生命五反田ビル5F
事業内容:チケット仲介取引サービスの運営
古物商許可番号:東京都公安委員会 第302171104982号
—————————————————————————————————————
<リリースに関するお問い合わせ先>
■一般社団法人日本バスケットボールリーグ(NBL)
TEL:03-3779-5545
■チケットストリート株式会社
広報担当:杉山
TEL:03-5759-2540
E-mail:info@ticketstreet.jp

用語解説

*1:2000年に米国で創業したチケット二次売買のためのオンラインマーケットプレイス。現在では数多くの スポーツチームの公式マーケットプレイスとなっている。
*2:世界有数のスポーツチームやクラブとパートナーシップを保有するオンラインマーケットプレイス。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事