logo

医福食農連携 「食でつながるイノベーション」シンポジウム開催 ~心と体がよろこぶ、食の新発想~

フード・アクション・ニッポン 2014年02月28日 12時00分
From 共同通信PRワイヤー

2014年2月28日

「食でつながるイノベーション」シンポジウム 広報事務局

医福食農連携
「食でつながるイノベーション」シンポジウム開催
~心と体がよろこぶ、食の新発想~

 農林水産省では、食料自給率の向上と地域の活性化を図るため、平成20年度から「フード・アクション・ニッポン(FAN)」の活動を推進し、国産農林水産物の消費拡大を進めています。最近、食や農の新たな可能性として、医療・福祉分野と食料・農業分野が連携した取り組みが注目を浴びる中、平成25年度からは、FANの活動の一環として、各地で実施されている、医療・福祉分野と食料・農業分野が垣根を越えて戦略的に連携する「医福食農連携」の取り組み事例を、新たに発信していくことになりました。

 先日2月26日(水)、各地で行われている「医福食農連携」のさまざまな事例を紹介し、これからの日本の「食」をあらためて考える場として、医福食農連携「食でつながるイノベーション」シンポジウムを、道新ホールにて開催し、一般の方約650名が参加いたしました。

<シンポジウム詳細>
●オテル・ドゥ・ミクニ オーナーシェフ 三國清三氏による特別講演「美味しく楽しい地産地消」
  自身の出身地である北海道増毛町での体験やシェフになるまでの道のり、そして北海道の豊富な食材について語っていただきました。また、三國氏の経営している病院食を提供するレストラン「ミクニマンスール」に関して、「国産食材を使って、病院食でも美しく・おいしく・こころと身体にやさしいメニューを提供したい。」と話しました。

●パネルディスカッション
 シンポジウムの最後に、特別講演をしていただいたオテル・ドゥ・ミクニ オーナーシェフ 三國清三氏と、「医福食農連携」に実際に取り組んでいる事業担当者2名(九神ファームめむろ事業アドバイザー 且田久美氏、フジッコ 取締役開発本部長 山田勝重氏)によるパネルディスカッションを行いました。
パネルディスカッションでは、九神ファームめむろ事業アドバイザー 且田久美氏は「めむろの地で農業を通じて、高齢者と障害者の連携を成功させ、全国にこの連携を広めていきたい」、フジッコ 取締役開発本部長 山田勝重氏は「北海道産の原料を使って、新しい取り組みをどんどんやっていきたい。」と前向きな展望を語っていただきました。
最後に、三國清三氏からは「北海道の生産者も恵まれた環境に甘えず、もっと工夫をしてビジネスチャンスに変えていこう」と地元北海道への激励のコメントがあり、パネルディスカッションは終了いたしました。


<シンポジウム概要>
【主催】 農林水産省北海道農政事務所、北海道新聞社、全国地方新聞社連合会
【後援】 北海道、札幌市、一般社団法人 北海道食産業総合振興機構
【実施日時】     2月26日 (水)13:30~16:00 (受付開始 13:00~)
【会場】   道新ホール (北海道札幌市中央区大通西3)
【登壇者】    オテル・ドゥ・ミクニ オーナーシェフ 三國清三氏
         九神ファームめむろ事業アドバイザー 且田久美氏
         フジッコ 取締役開発本部長 山田勝重氏
         フリーアナウンサー、農業ジャーナリスト、べジアナ 小谷あゆみ氏
【実施内容】   13:30 開会・主催者挨拶(農林水産省北海道農政事務所長 武石 徹) 
          13:35 趣旨説明 
          13:45 三國清三氏による特別講演 「美味しく楽しい地産地消」
          14:15 ―転換―
          14:25 パネルディスカッション
          16:00 閉会

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。