logo

【学術研究用途限定】全上場企業に関するソーシャル・ビッグデータの提供を開始

株式会社ホットリンク 2014年02月28日 09時50分
From 共同通信PRワイヤー

2014年02月28日(金)

株式会社ホットリンク

【学術研究用途限定】
全上場企業に関するソーシャル・ビッグデータの提供を開始
3548社のブログ投稿数・評判データが低価格で利用可能に

【 リリースサマリー 】
 株式会社ホットリンクは、ソーシャル・ビッグデータの学術研究利用を促進するため、上場企業3548社の企業名に言及しているブログデータを低価格で提供します。学術研究で必要となるソーシャルメディアのデータの収集・整理には手間や時間が必要とされ、研究の上での障害となっていました。 そこで、ホットリンクでは過去約6年間の日本のブログ約30億記事というソーシャル・ビッグデータから日本の全上場企業に関する言及数と評判数という最も基本的な計量情報を抽出し、利用しやすい価格・形式で提供します。 これにより、研究者は、ソーシャル・ビッグデータの収集・加工等に手間や時間をとられず、本来の目的である経済・社会現象の研究へ集中できるようになることが期待されます。

【 背 景 】
 近年のビッグデータへの注目を背景に、経済社会に関する学術的な基礎研究においても、これまで研究に用いられていた株価データ、財務データ、経済統計データ、アンケートデータ等の情報にあわせて、新たにソーシャル・ビッグデータから得られる情報も分析したいというニーズが高まっています。 また、例えば、ソーシャル・ビッグデータが株の予測に役立つ可能性がある等の結果が注目を集めるなど、世界的にもソーシャル・ビッグデータの経済・社会への応用の研究が盛り上がりはじめようとしています。 しかし、ソーシャル・ビッグデータを用いた研究では、データ収集や整理のためのクローリング技術、データ抽出技術、言語解析技術などの高度な情報工学的技術が必要とされ、情報工学を専門としない多くの経済・社会の研究者にとっては、それらの技術を導入するための手間や時間が研究への参入障壁となっていました。 一方、専門業者から利用しやすい加工済みデータを購入する場合も、商用の価格設定では非常に高価であり、限られた研究予算の範囲では利用しにくいという問題がありました。

【 提供データについて 】
 ホットリンクでは、日本のブログ約30億記事に含まれる企業に関する言及数および評判件数の約6年分の過去データを低価格で提供を開始します。 
(1)データ内容
2012年9月30日時点での全上場企業3548社に関する時系列データ(CSV形式)
・日次件数:1日にその企業についての書き込み件数
・日次ポジティブ件数:1日にその企業についての「肯定的」な書き込み件数
・日次ネガティブ件数:1日にその企業についての「否定的」な書き込み件数
※スパムブログは当社フィルタにより排除済み。
※ブログ本文(投稿内容)は含まれません。
(2)抽出条件
・正式企業名およびその企業と判断できる略称・呼称・ブランド名等を含む抽出。
例1)日本レビ放送網: 日本テレビ放送網, 日テレ,日本テレビ,NTV,日テレ系列, NTV, 日本テレビ系…他
例2)ヤマダ電機: ヤマダ電機, LABI , テックランド , YAMADA, ヤマダ電器 ,ヤマダ電気
例3)プレナス: プレナス, ほっともっと, やよい軒, Plenus Co., .Ltd, PlenusGroup
(3)抽出期間
・2006年11月1日~2012年9月30日(約6年分)
(4)価格
・ 9万円(税別)
(5) 提供方法
・DVD-ROM
(6)利用の制限
大学や研究機関の非営利的な研究及び教育の用途に限定します。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。