logo

◎ビーメックス社、校正作業を簡易化し効率向上

ビーメックス社(Beamex)  2014年02月27日 15時15分
From 共同通信PRワイヤー

◎ビーメックス社、校正作業を簡易化し効率向上

AsiaNet 55918
【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

ビーメックス社、校正作業を簡易化し効率向上

ピエタルサーリ(フィンランド)、2014年2月27日/PRニュースワイヤー/ --

ビーメックス社(Beamex)は、グローバルキャンペーン「フィールドの準備はできましたか(Ready for the field?)」を立ち上げ、校正技師の作業を容易により効率よく行えるよう尽力をつくしています。このキャンペーンは、校正技師の煩雑な作業を便利ツールで楽に効率よく作業ができるようにしました。

機械加工産業界において、校正業務は大変な作業です。常に、効率よく作業をすることを求められ、様々な知識を要し、作業で使用する道具も多いです。そんな作業環境は、常に能力が試され、結果データの書類作成にも時間を取られます。そんなときに、便利なツールを持っていると業務がスムーズになります。ビーメックス社グループCEOであるロミオ・アホラ氏(Raimo Ahola)、「機械加工設備の校正作業で、何が大変かと調査に回答いただいた2000人以上のうち、二人に一人は持ち運ぶ作業道具が 多いと答えました。調査によると、これが一番多い回答でした。回答の中で次に多かったのは、3分の1の人が、特にご記載などを招く煩雑なデータ作成に時間を取られるということでした。」と説明しました。

ビーメックス社グループの営業部部長のヤン・ヘンドリク・スベンソン氏(Jan-Henrik Svensson)は言いました。「校正技師の作業は多いので、常に効率よく行わなければなりません。これまで人間の手でおこなっていたものを自動化することでこの煩わしさから解放されます。さらに、いくつかの機能を一つに備えた道具を使うことでたった一つの道具で作業を終えることができ、いくつも道具を購入したり、メンテしたり、さらにはいくつも持ち運ぶ必要もないのです。校正技師は、常々多くの道具を持ち合わせているので、道具の使いやすさは道具の必須条件です。たとえば、作業環境が、不衛生であったり、濡れていたり、はたまた引火の起きやすい状況の時、それに合わせた道具を考慮しなければなりません。校正結果データ書類を作成するにも手作業で行うと、時間もかかりますし間違いも多くなります。 ソフトウェアと適切な道具との活用で、校正業務の結果をまとめる作業が効率よく行えます。つまり、校正技師の煩わしい作業は正しいツールを使えば克服解消できるということです。」

ビーメックス社のマイクロサイトbeamex.com/readyforthefieldでは、校正技師の煩わしい作業とそのソリューションがご覧になれます。 

ビーメックス社はプロセシング(各種データ処理)計器での最も困難な課題に対応するキャリブレーション・ソリューションの世界的大手供給業者です。詳細情報は、リンクをご参照ください。



ホームページ: リンク

情報元: ビーメックス社(Beamex) 



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。