logo

株式会社うかい 第三者割当による自己株式の処分に関するお知らせ

株式会社うかい 2014年02月26日 15時28分
From 共同通信PRワイヤー

平成26年2月26日

株式会社うかい

株式会社うかい 第三者割当による自己株式の処分に関するお知らせ
(処分予定先:京王電鉄株式会社・キッコーマン株式会社)

 鉄板焼きの「うかい亭」や日本料理の「とうふ屋うかい」を展開する株式会社うかい(本社:東京都八王子市)は、平成26年2月26日開催の取締役会において、第三者割当による自己株式の処分を行うことについて決議した。
 「うかい」は昭和39年八王子市高尾に創業し、今年50周年を迎える。「100年続く店づくり」を店舗理念に掲げて今年ちょうど折り返し地点に到達した。次の50年のさらなる成長を展望したとき、今後予想される厳しい経営環境の中で「志を同じくし夢の共有ができる最良のパートナー」と連携し強化していくべきとの考えにより、この度、京王電鉄株式会社とキッコーマン株式会社に対して自己株式処分による第三者割当を行うことにした。

【処分要領】
(1)処分期日      平成26年3月14日
(2)処分株式数     普通株式 550,000株
(3)処分価額      1株につき2,274円
(4)調達資金の額    1,250,700,000円
(5)募集または割当方法 第三者割当の方法により、以下の処分予定先に対して以下の
             株式数を割当。
             (処分予定先)
              京王電鉄株式会社      300,000株
              キッコーマン株式会社    250,000株
(6)その他       前記各号は、金融商品取引法による有価証券届出書の効力
             発生を条件とする。

【処分予定先の選定理由】
 京王電鉄株式会社は、新宿と八王子、渋谷と吉祥寺などを結ぶ鉄道事業を中心に、ホテル、百貨店、建設・不動産など、広範な事業を手がける首都圏を代表する企業である。現在、沿線活性化の一環として高尾山口駅前において日帰り温浴施設の建設等を進めており、奥高尾を祖業の地とし「うかい鳥山」や「うかい竹亭」などの基幹店を展開する「うかい」と固い地縁で結ばれている。
 今後両社の関係が強まることで、世界的な観光スポットである高尾山が、さらに活性化するものと考え、また、経理、人事、ITなど「うかい」に足りない人的リソースを補う人事交流を進めることも予定しており、これが実現すれば「うかい」の本社機能の水準が高まると判断し選定した。

 キッコーマン株式会社は、江戸時代からの歴史を持ち、日本の食文化に根ざした調味料「しょうゆ」で圧倒的なシェアを誇る日本の代表企業である。「こころをこめたおいしさで、地球を食のよろこびで満たします」という「キッコーマンの約束」は、そのまま「うかい」の経営理念になるほどの強い親和性があり、日本の食文化を牽引するためのこれ以上のパートナーシップはないと考え、また地道に需要を創造することにより世界100カ国以上で「しょうゆ」が販売されているように、いわば海外展開の先達であり、「うかい」の海外展開に際し有益な助言が得られると判断し選定した。

 なお、本第三者割当による平成26年3月期の業績への影響は軽微であると予想している。

【株式会社うかい 会社概要】
 会社名 :株式会社うかい    所在地 :東京都八王子市南浅川町3426番地
 代表  :大工原 正伸     事業内容:飲食店の経営、美術館の運営
 店舗一覧:<和食> うかい鳥山、うかい竹亭、とうふ屋うかい大和田店、
           とうふ屋うかい鷺沼店、東京芝とうふ屋うかい
      <洋食> 八王子うかい亭、横浜うかい亭、銀座うかい亭、
           あざみ野うかい亭、表参道うかい亭、グリルうかい丸の内店
      <製菓> アトリエうかい(菓子工房)
      <美術館>箱根ガラスの森       以上13店舗(2014年2月現在)  
 U R L: リンク
 ~おもてなしの心で50年 2014年創業50周年を迎えます~

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事