logo

◎ジンコソーラーがスマートモジュールの新シリーズを日本のPV Expoでリリース

ジンコソーラー 2014年02月26日 10時55分
From 共同通信PRワイヤー

◎ジンコソーラーがスマートモジュールの新シリーズを日本のPV Expoでリリース

AsiaNet 55962

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

ジンコソーラーがスマートモジュールの新シリーズを日本のPV Expoでリリース

上海、2014年2月25日-世界トップクラスPV企業ジンコソーラー(NYSE:JKS)は、2014年2月26日に日本に開催されるPV Expoに新しいシリーズのスマートモジュールをリリースする。

ジンコソーラーのスマートモジュールが内蔵の最適化チップでセル串の最大効率点追跡機能を提供する(MPPT)、セル串とモジュール串のミスマッチ現象を解決した。その同時に、問題がでた太陽セル串またモジュール串がシリーズのラインで組み合わせている他のセル串とモジュール串に影響を与えないまま正常に発電する。スマートモジュールがモジュールに故障を与える主な原因「ホットスポット」を明らかに現象する。天気がよくない時、例えば影と雲量の状況にスマートモジュールが普通な太陽モジュールより発電量が20%もアップする。
“我々が皆様にジンコソーラーの新しい製品をご紹介できるのはとても喜ばしいことである。本社のスマートモジュールがPVシステムの効率を極大に増強する。我々が新シリーズスマートモジュールのリリースで、相変わらずお客様に経済効果的なクリーンエネルギーソリューションを提供する。”ジンコソーラーCEO陳 康平さんより。

JinkoSolarについて
ジンコソーラー株式会社(NYSE:JKS)、は世界トップクラス大手太陽光発電企業である。生産基地が江西省上饒市及び浙江省海寧市、グローバル経営販売センターが中国上海市浦東新区に位置している。ジンコソーラーはグローバルマーケティングシステムを作り、中国・上海、北京、シンガポール、ドイツ・ミュンヘン、米国・サンフランシスコ、オーストラリア・クイーンズランド、カナダ・オンタリオ、イタリア・ボローニャ、スイス・ツーク、日本・東京また南アフリカ・ケープタウンに子会社を設立した。

ジンコソーラーが高品質インゴット、ウェハー、セル、及び高効率単多結晶モジュールを生産し、2013年12月31日時点で、インゴット、ウェハー、セル垂直統合型産能が約1.5ギガワットに達成、モジュール生産能力が約2.0ギガワットに達成した。ジンコソーラーがユーザーに世界トップクラスの太陽光発電製品を提供することにこだわっており、経営販売チャネルはヨーロッパ、アメリカ、及びアジア太平洋数国、イタリア、ドイツ、ベルギー、スペイン、アメリカ、カナダ、東欧、オーストラリア、中国、インド、日本及び南アフリカなど主流PVモジュール市場も含まれている。

詳しくは:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事