logo

てんかんへの偏見・無理解の一掃へ、月刊「波」電子書籍版無料試読キャンペーンを実施

社団法人日本てんかん協会 2014年02月25日 09時00分
From 共同通信PRワイヤー

2014年2月25日

公益社団法人日本てんかん協会(波の会)

てんかんへの偏見・無理解の一掃へ
月刊「波」電子書籍版無料試読キャンペーンを実施

公益社団法人日本てんかん協会(波の会)は、このたび波の会が発行する月刊「波」電子書籍版の無料試読キャンペーンを実施します(公益財団法人JKA・競輪補助事業)。
このキャンペーンはてんかんのある人やその家族だけでなく、国民全般のてんかんへの理解を促すとともに、自動車事故への処罰強化が進むなか深刻化する、てんかんへの偏見の一掃を目指すものです。

■自動車運転の議論でてんかんへの新たな偏見が助長■ 

昨年11月27日、自動車運転処罰新法が公布されました。これにより、飲酒などとともにてんかんも含められる「病気の症状」の影響で引き起こされた事故に対し、その罰則の基準が見直されました。

しかし、わが国ではてんかんのある人は100万人にのぼりますが、そのうちの8割は薬によって発作もコントロールでき、普通の人と変わらない生活を送っています。

にもかかわらず、自動車運転の議論の中では、運転に支障のある症状がなくてもてんかんという病名だけで不当な不利益をこうむる事例が、全国から報告されはじめています。てんかん対する新たな誤解や無理解が国民の間に生じ、これがいわれなき偏見を助長することが懸念されます。

■てんかんへの正しい理解を■

1973年に活動を開始した波の会は、てんかんのある人たちのサポートや社会的理解の促進に取り組んできました。昨年創立40周年を迎えたことを記念し、このキャンペーンを実施する運びとなりました。

波の会が発行する月刊「波」は、てんかんに関する日本で唯一の情報誌です。病気だけでなく、医療や教育、福祉、労働など幅広いテーマを取り上げており、昨年から電子書籍版の刊行もスタートしました。

今回のキャンペーンを通じ、てんかんのある人が置かれている現状やてんかんという病気について、一人でも多くの皆さんに知ってもらえることを期待しています。

■月刊「波」電子書籍版無料試読キャンペーン詳細■

以下の月刊「波」電子書籍版を期間限定、無料で試読できます。
パソコンだけでなく、iPhone、Android等のスマートフォンでも閲覧可能です。

●無料提供号:2013年9月号「てんかんを知ろう~発作の基礎知識」(定価:税込450円)
●無料試読実施期間:2014年2月25日~3月25日

*キャンペーンページ リンク

■お問い合わせ■

公益社団法人 日本てんかん協会(波の会) リンク
〒170-0005 東京都豊島区南大塚3-43-11 福祉財団ビル7F
TEL:03-3202-5661(平日9:15~17:30) FAX:03-3202-7235
ウェブサイト:リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。