logo

ホビーセンターカトー東京 フルリニューアルオープン

株式会社関水金属 2014年02月21日 19時35分
From 共同通信PRワイヤー

2014年2月21日

株式会社関水金属

KATOのショールーム
ホビーセンターカトー東京がフルリニューアルオープン
鉄道模型の魅力を存分にお楽しみいただけます!
オープン記念品を先着2000名様にプレゼント!

株式会社関水金属(所在地:東京都新宿区、代表取締役:加藤 浩、ブランド名:KATO)の運営するホビーセンターカトー東京が新宿区西落合に2月22日(土)にフルリニューアルオープンいたします。
自社製品(KATO製品)をはじめとする鉄道模型のショールームとして、その楽しさ・魅力・奥の深さを「生きた」展示で具体的にわかりやすくご紹介、鉄道模型の普及・発展をめざすライブスポットとなっています。

■KATO製品の展示・販売、情報発信、アフターサービス
鉄道模型専門店として国内最大級となる床面積(約1,450平方メートル・エントランスなどを含む)に、KATO製品を中心に国内外のNゲージ・HOゲージ鉄道模型(車両・線路・制御機器・建物・樹木・人形・アクセサリー)関連アイテムを数多く展示・販売、鉄道模型ビギナーからベテランファンまで納得の商品展開を図ります。また、鉄道ビデオ放映、KATO製品に関する情報発信、修理受付、各種相談なども行っております。

■Nゲージ・HOゲージ大形レイアウトでの鉄道模型の展示走行
ホビーセンターカトー東京の入口すぐに、実感的な情景、長大な線路長を誇るNゲージ・HOゲージ大形レイアウト(鉄道ジオラマ)を常設。国内外の人気列車や名列車を運転展示して、リアルで迫力ある走行シーンをお楽しみいただけます。このほかに、ご来店のお客様がご自分で運転できる「運転体験レイアウト」などもあります。

■鉄道模型の発展を象徴したモニュメント
ホビーセンターカトー東京のエントランスには、レールとSLの動輪、友情の象徴といわれるイルカの群れをアレンジした記念モニュメント(作:東京藝術大学学長 宮田亮平、作品名:飛べ!カトー!!)を設置、鉄道模型の発展・普及、同好の士の結びつきを願っています。また、社屋前広場には実物の京浜急行230形電車を保存展示してあり、近隣のみなさまのランドマークとなっています。

■イベントホール
レイアウト制作教室やメンテナンス講習会、Nゲージ運転会など、鉄道模型に関する各種イベントを開催できるホールを設置、鉄道模型の奥の深さを体感し、多くのファンの方々と一緒に楽しんでいただくことをめざしております。実施予定のイベントについては決定次第、下記のホビーセンターカトー東京ホームページに掲載いたします。

■オープン記念品を先着2000名様にプレゼント
オープン記念として¥1,000以上お買い上げのかた先着2,000名様にKATOロゴ入りボールペン(消せるフリクションボール付)をプレゼント!
※先着でお1人様1点限りとさせていただきます。無くなり次第終了となりますのでご了承ください。

■ホビーセンターカトー東京 概要
所在地:〒161-0031 東京都新宿区西落合1-24-10(1階/2階)
TEL:03‐3954‐2171  FAX:03‐3954‐3644
営業時間:平日 午前11時~午後8時/土日祝日 午前10時~午後7時
定休日:年中無休(年末年始・臨時休業を除く)
アクセス:都営地下鉄大江戸線「落合南長崎」駅(E33)・A1出口より徒歩5分

●ホビーセンターカトーホームページ リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。