logo

新日鉄住金 『釜石市上中島町復興公営住宅第II期』整備計画を着工

新日鐵住金株式会社 2014年02月20日 15時02分
From Digital PR Platform


釜石市(野田 武則市長)、新日鐵住金株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼CEO:宗岡 正二、以下「新日鐵住金」)、新日鉄興和不動産株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:成川 哲夫、以下「新日鉄興和不動産」)は、協議を進めていた『釜石市上中島町復興公営住宅第II期』の整備計画について2014年3月7日、建築工事に着手することとなりましたのでお知らせいたします。

「釜石市上中島町復興公営住宅整備計画」は、2013年3月に竣工した第I期54戸と合わせ、計210戸の復興公営住宅を整備するもので、第II期では、新日鐵住金が所有する釜石市上中島町の敷地において、新日鉄興和不動産が復興公営住宅156戸と、集会所施設等の整備を行うものです。完成後は、土地・建物を釜石市が買い取ります。
第II期の建物竣工は、2015年2月下旬を予定しております。

第II期整備計画については、入居者間の「見守り」を兼ねたコミュニティの醸成を図るコンセプトに加え、限られた敷地の中で156戸の復興公営住宅をスピーディーに整備することを狙いとし、工期が短く、経済性が高い鉄骨造及びスチールハウス等の鋼構造を採用しています。

<第II期整備計画のポイント>
 8階建ての高層棟(2号棟)と5階建ての中層棟(3号棟)、3階建ての低層棟(4、5号棟)の4棟で構成され、4つの住宅棟の中心に中庭を配置します。
 3号棟の1階に見守りの拠点施設としての機能を併せ持つ「集会所施設」、及び「災害備蓄倉庫」を設置します。
 2号棟の屋上に「太陽熱温水設備」を設置し、太陽熱によって温められた不凍液を、すべての棟に循環させ、効率的に温水を供給します。
 3号棟と、4、5号棟はデッキで住棟間をつなぎ、棟ごとの入居者の回遊性を高めます。
 2、3号棟の廊下部に、フロア単位での住民間の語らい、憩いの場として利用することができる「コモンテラス」を設けるとともに、「コモンバルコニー(幅広 バルコニー)」を設け、日常動線内での住民同士の交流促進、さらに、高齢者・単身者の「見守り」も兼ねたコミニュテイの醸成を図ります。
 2、3号棟は鉄骨造、4、5号棟はスチールハウス工法を採用することにより、コンクリート等の建設資材及び職方不足が問題となっている被災地においても短工 期での施工が可能となります。鉄骨造は着工から約12カ月、スチールハウス工法は着工から約7カ月で竣工する予定で、早期入居の実現を目指します。

<釜石市上中島町復興公営住宅第II期整備計画の概要>
(1)敷地概要
所在地:釜石市上中島町2丁目20-6、3丁目58-1
現況:更地(新日鐵住金上中島アパート7,8,9,10号棟跡地)
土地面積:8,205.67平方メートル(2,482.21坪)
用途地域:工業地域
容積率/建蔽率:200%/60%
土地所有者:新日鐵住金株式会社
(2)建物概要
整備内容:復興公営住宅、集会所施設、災害備蓄倉庫、太陽熱温水設備
戸数:復興公営住宅156戸(2号棟79戸、3号棟38戸、4号棟18戸、5号棟21戸)
構造:2、3号棟 鉄骨造、4、5号棟 スチールハウス工法(薄板軽量形鋼造)
規模:2号棟8階建て、3号棟5階建て、4、5号棟3階建て
建築面積:2号棟974.37平方メートル、3号棟1,193.86平方メートル、4号棟508.64平方メートル、5号棟594.92平方メートル
延床面積:2号棟6,784.1平方メートル、3号棟3,982.7平方メートル、4号棟1,177.1平方メートル、5号棟1,377.1平方メートル
間取り:1LDK 51戸、2LDK 105戸
駐車場・駐輪場:居住者用駐車場100台(64%)、集会所施設用駐車場11台、居住者用駐輪場(バイク含む)166台
建築主:新日鉄興和不動産株式会社
基本計画:株式会社日本設計
設計・施工:2、3号棟 株式会社竹中工務店、4、5号棟 日鉄住金テックスエンジ株式会社


【本件に関するお問い合わせ先】
釜石市復興推進本部復興住宅整備室 担当:三浦・松山
TEL 0193-22-2111 内線434
新日鐵住金株式会社 総務部 広報センター 担当:鈴木
TEL 03-6867-2135
新日鉄興和不動産株式会社 総務本部 管理部 広報室 担当:吉田
TEL 03-6745-5751

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。