logo

GMOドメインレジストリ:国内初となる地理的名称トップレベルドメイン「.nagoya」の運営業務を開始 ドメイン登録サービス提供事業者で先行登録受付開始

GMOインターネットグループ 2014年02月20日 14時46分
From PR TIMES

~インターネットを通じて名古屋ブランドを世界へ~



2014年2月20日
報道関係者各位
GMOドメインレジストリ株式会社
============================================================
国内初となる地理的名称トップレベルドメイン「.nagoya」の運営業務を開始
ドメイン登録サービス提供事業者で先行登録受付開始
~インターネットを通じて名古屋ブランドを世界へ~
============================================================
GMOインターネットグループでレジストリ事業を展開するGMOドメインレジ
ストリ株式会社(以下、GMOドメインレジストリ)は、地理的名称トップレベ
ルドメイン(*1)(以下、地域名TLD)「.nagoya」の運営業務を本日2014年2月20
日(木)に開始いたしましたので、お知らせいたします。

------------------------------------------------
【「.nagoya」運営開始の背景】
------------------------------------------------
これまで、「.com」や「.net」をはじめとする一般的なドメインである
(gTLD(*2))は22種類に限定されており、インターネットの利用が拡大するに
つれ、使用したい文字列でのドメイン登録が困難になっていました。

これを受けてインターネット資源を全世界的に調整・管理する非営利団体
のICANN(*3)では、2012年に新たなトップレベルドメイン(以下、新ドメイン)
導入のため、ルールを大幅に自由化しました。これにより2013年末頃から次
々と新ドメインが誕生しています。

新ドメインには「.camera」や「.gallery」などといった一般名称や、
「.london」や「.paris」、「.nagoya」といった地理的名称を表すドメイン
(地域名TLD)などがあり、特に地域名TLDは観光、商工、文化、スポーツ、
地域振興など、様々な分野で地域名ブランドの存在を国内外にアピールでき
るとして注目されています。


------------------------------------------------
【名古屋発、世界へ。「.nagoya」の運営開始】
------------------------------------------------
地域名TLDの管理運営事業者になるためには、その文字列が表す東京都や名
古屋市などの地方自治体による支持を得て、ICANNによる当該TLDの管理運営
事業者審査を通過しなければなりません。

GMOドメインレジストリでは、「.nagoya」の運営において2012年3月に名古
屋市からご支持をいただき、2013年7月にICANNの審査を通過、2013年10月に
ICANNとの契約を交わし、運用システムのテストを経て、この度の開始に至り
ました。

「.nagoya」は、名古屋のブランドをより高め、世界へ発信するのに最適な
ドメインです。例えば名古屋の情報を発信するホームページに「.nagoya」を
お使いいただくことで、名古屋ブランドのより魅力的なホームページを運営
でき、また海外へも名古屋ブランドのアピールに繋がることが期待できます。

「.nagoya」の他にも、地理的名称ドメインにおいては「.tokyo」や
「.yokohama」なども当社が管理運営事業者として、現在、運営開始へ向けて
準備を進めております。

------------------------------------------------------------
【名古屋市長河村たかし氏による「.nagoya」に関するコメント】
------------------------------------------------------------
『この度、国内初となる地理的名称トップレベルドメイン「.nagoya」の運
営が始まりました。名古屋は自動車をはじめ、航空機、精密機器、工作機器、
ファインセラミックスなど、世界トップレベルの産業技術が集積している都
市です。また平成39年にはリニア中央新幹線の開業を予定しており、名古屋
駅周辺の開発とともに、より一層活力あふれる都市になります。名古屋城の
本丸御殿は現在復元工事を進めており、復元したところを順次一般公開して
おります。今後「.nagoya」を通して、名古屋の魅力が広く世界に伝わること
に大きな期待を寄せています。』

------------------------------------------------
【商標権者様の「.nagoya」登録について】
------------------------------------------------
本日より、国内のレジストラ(*4)事業者(ドメイン登録サービス提供事業者)
を通じてお申し込みいただけますが、商標権者優先登録(サンライズ)に申請
するためには、優先根拠となる商標権の整合性を確認するためにICANNが用意
した商標権者保護プログラム“TMCH(Trademark Clearinghouse)”へ事前登録
いただく必要があります。詳細は各レジストラのサービスへお問い合わせく
ださい。

------------------------------------------------
【GMOドメインレジストリについて】
URL:リンク
------------------------------------------------
GMOドメインレジストリは、GMOインターネットグループで培ったドメイン
取り扱いノウハウ、システム構築・運用技術を結集し、地方自治体、法人、
団体による新gTLDの申請手続きおよびシステム構築・運用からマーケティン
グ・営業活動支援を行う会社として2009年7月に設立された会社です。GMOド
メインレジストリは、キヤノン株式会社様の「.canon」や株式会社日立製作
所様の「.hitachi」申請・運用において提携に合意しています。

----------------------
【参考URL】
----------------------
○GMOドメインレジストリ社による「.nagoya」プロモーションサイト
URL:リンク

○2012年3月22日 名古屋市から「.nagoya」管理運営事業者として支持
URL:リンク


○2013年7月2日 地域名トップレベルドメイン「.tokyo」「.osaka」
「.nagoya」 運営事業者審査を通過
URL:リンク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【用語】
(*1) トップレベルドメイン(TLD):
ドメイン名において、末尾部に配置される「com」や「net」、「jp」など
の文字列のことです。TLDは、それぞれICANNに申請をして認められた事業
者がICANNから委任されて管理運営業務を行います。

(*2)gTLD :
Generic Top Level Domain(ジェネリックトップレベルドメイン)の略称。
現在、gTLDはトップレベルドメイン(TLD)の「.com」や「.net」などの22
種類に限定されており、TLDの追加は国や地域別のTLDを除いて、インター
ネット上の資源を管理する組織ICANNが実施する募集に応募し、規定の審査
プロセスを経る必要があります。しかし、2008年6月にICANNの理事会にお
いて、TLD導入のルールを大幅に自由化する案が承認され、2011年6月20日
にICANNの理事会において、2012年1月よりICANNの適切な審査プロセスのも
と自由な文字列によるTLDの申請が開始されることが決定しました。

(*3) ICANN:
Internet Corporation for Assigned Names and Numbersの略称。インター
ネット上で使用されるドメイン名やIPアドレスといったアドレス資源の割
当管理を行う米国の非営利団体。ドメイン登録業務を行うレジストラ(登
録業者)を公認する権限を持っています。

(*4)レジストラ:
ICANNに認定されているレジストラは、直接、各レジストリと契約を結び、
レジストリデータベースにドメイン情報を登録することができます。1つの
トップレベルドメインに対して複数存在することができます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以上

----------------------------------------------------------
【サービスに関するお問い合わせ先】
●GMOドメインレジストリ株式会社 安達
E-mail:tld@gmoregistry.com
----------------------------------------------------------
【報道関係お問い合わせ先】
●GMOインターネット株式会社 グループ広報・IR部 細田・石井
TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611 E-mail:pr@gmo.jp
----------------------------------------------------------


【GMOドメインレジストリ株式会社】(URL:リンク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名  GMOドメインレジストリ株式会社
所在地  東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者  代表取締役社長 塚原 廣哉
事業内容 ■ドメインレジストリ事業
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【GMOインターネット株式会社】(URL:リンク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名  GMOインターネット株式会社 (東証第一部 証券コード:9449)
所在地  東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者  代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容 ■WEBインフラ・EC事業
     ■インターネットメディア事業
     ■インターネット証券事業
     ■ソーシャル・スマートフォン関連事業
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (c) 2014 GMO Registry, Inc. All Rights Reserved.

■GMO INTERNET GROUP■ www.gmo.jp/

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。