logo

2028年に向けたコンシューマエレクトロニクス市場ロードマップ

Lux Research 2014年02月19日 09時30分
From JCN Newswire

次世代イノベーションに後押しされ、ウェアラブル・デバイスがメインストリームへ。将来的にはインテグレーション度の高いインビジブル・コンピューターが主流となる(ラックスリサーチ調べ)

Tokyo, Feb 19, 2014 - ( JCN Newswire ) - 次世代コンシューマエレクトロニクスとして、ウェアラブル・デバイス(装着型機器)への注目が集まっており、2020年までにスマートウォッチは36億ドル規模の市場へと成長することが予想されています。しかしながら、先端技術における技術・市場動向調査を行うラックスリサーチ(本社:米国ボストン)の調査によると、将来のエレクトロニクス市場を担う技術はウェアラブル・デバイスをシームレスにつなぐ『インビジブル・コンピューター』であり、スマートフォンやタブレットなどの既存のデバイスを取って変わり、2033年には270億ドルの市場へと成長する見込みであることがわかりました。

ラックスリサーチのアナリスト、コズミン・ラズラウは、『次世代デバイス導入へ向けて:エレクトロニクス市場はウェアラブルから分散型コンピューティングへとシフトする ("Building the Devices of Tomorrow: Electronics Shift to Wearable and Distributed Computing")』と題したレポートにて次のように指摘しています。

『スマートフォンやタブレットはインターネットへの接続を容易にし、世界中で人々の生活を大きく変えました。これをベースに今後は様々な用途が検討されており、フレキシブルなディスプレイや曲げることが可能なバッテリー、エネルギーハーベスティングなど、素材やコンポーネント分野でのイノベーションが活発化しています。これらの取り組みにより、新しい機能を備えたデバイスの製造を可能にします。次世代デバイスは装着性が向上し、バイオセンサー、無線機能が搭載されたものとなり、ユーザーエクスペリエンス面でも目を見張るものとなるでしょう。』

ラックスリサーチでは、コンシューマエレクトロニクス関連技術を調査し、今後の市場の変化を予測しました。以下が調査結果の一部です。

● ウェアラブル・デバイスは多様化する。プラスチックのリストバンドから、ディスプレイやインプットは他のデバイスと連動する指輪など、2023年までにウェアラブル・デバイスは様々な形状やサイズで提供されることになるでしょう。2033年までには装着型のデバイスはメインストリームとなり、人口の41%に利用されることが予測されます。

● インビジブル・コンピューターは生活を大きく変える。音声・動作認識における技術革新により、インビジブル・コンピューターは2028年頃から利用が増加する見込みです。新機能を備えたデバイスは2033年までに人口の6%に利用され、多くの商品が市場に投入されていくことになるでしょう。

● タブレット市場は2018年にピークを迎える。タブレット市場はiPad 市場投入以降急速に普及しました。2018年までは利用は継続して増加し、910億ドルまで市場規模も拡大すると予測されます。しかしながら、低価格化に加え、コンシューマの関心が新たなデバイスへと向けられるようになることから2018年時期がピークとなるでしょう。

『次世代デバイス導入へ向けて:エレクトロニクス市場はウェアラブルから分散コンピューティングへとシフトする("Building the Devices of Tomorrow: Electronics Shift to Wearable and Distributed Computing")』レポートはラックスリサーチの『エネルギーストレージ』、『バイオエレクトロニクス』、『プリンテッド・フレキシブル・有機エレクトロニクス』インテリジェンスサービスにて提供しております。

関連リンク
-- "Building the Devices of Tomorrow: Electronics Shift to Wearable and Distributed Computing": リンク

ラックスリサーチについて

ラックスリサーチは独自の研究と世界に広がるネットワークを駆使し、最先端技術分野における技術・市場動向調査を実施しています。世界中で研究開発に注力するトッププレイヤーに対し、オープンイノベーションおよびテクノロジースカウティングの実現をサポートしています。詳細については、弊社ホームページ( www.luxresearchinc.com リンク )をご覧ください。

【本プレスリリースに関するお問い合わせ】
ラックスリサーチ
戸口 久子
hisako.toguchi@luxresearchinc.com

概要:Lux Research

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。