logo

インフォコーパスとデータクックがビッグデータ分析基盤サービス分野で協業

株式会社インフォコーパス 2014年02月14日 10時30分
From DreamNews

ビッグデータ基盤構築事業を手がける株式会社インフォコーパス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田名瀬崇、以下、インフォコーパス)とビッグデー タ分析事業・プロデュースを行うデータクック株式会社(本社:東京都港区、 代表取締役社長:永井秀幸、以下、データクック)は ビッグデータ分析基盤サービス分野におけるマーケティングの普及促進及び営業活動を本日より共同で行うことで合意しました。

ビッグデータを利用する上で、その収集・分析を効率的に行うためのプラットフォームが必要とされています。しかし、それを構築するためには様々な技術(OpenStackや並列処理プログラミング、NoSQL等)を統合したクラウド基盤が必要です。そこで、インフォコーパスの豊富な基盤構築技術とデータクックのワンストップでデータライフサイクルを提供するデータ分析技術をあわせた包括的なサービスソリューションを提供してまいります。

■会社概要

商   号:株式会社インフォコーパス
代 表 者:代表取締役社長 田名瀬 崇
URL    : リンク

商   号:データクック株式会社
代 表 者:代表取締役社長 永井 秀幸
URL    : リンク

■ 本件に関するお問い合わせ

株式会社インフォコーパス 担当:鈴木
Tel:03-3527-9747  Email:press@infocorpus.co.jp

■ 用語の説明

OpenStack:(オープンスタック)クラウドコンピューティングを基盤構築するためのオープンソースソフトウエア。

並列処理プログラミング:マルチコアのCPU環境やクラウドなどの分散したサーバ環境で処理性能を上げるためのプログラミング手法。MapReduceなどの多数のサーバ利用を目的にしたプログラムもある。

NoSQL:リレーショナルデータベースではない種類のデータベース。主に「値」と「キー」だけを扱うKey-Value型等がある。

データライフサイクル:ビッグデータ処理に必要な「収集」「クリーニング・クレンジング」「変換」「蓄積」「集計」「分析」「可視化」「活用」のデータ循環を生み出すこと。

ビッグデータ分析基盤の概要は画像をご覧ください。




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事