logo

新製品SECUDRIVE USB Cloudを発売開始

株式会社クオーレ 2014年02月13日 08時00分
From 共同通信PRワイヤー

2014年2月13日

株式会社クオーレ

新製品SECUDRIVE USB Cloudを発売開始
~Dropboxをビジネスで安全に活用する画期的なUSBメモリ~

本製品は、複数の利用者がDropbox上のデータを共有してデータ漏洩することなく作業できる環境を実現するUSBメモリです。1人1人の利用者に本製品を1つずつ配布し、利用者は本製品を自宅やパブリックスペースにあるPCに装着してログインするだけでDropboxにアクセスできます。もちろん、それぞれのPCにDropboxクライアントや特殊なソフトウェアをインストールする必要は一切ありません。また、データはUSBメモリ上に同期されるので、使用したPCに一切痕跡を残しません。

■製品の特長
【各PCにDropboxクライアントのインストールは不要】
メモリ内部にDropbox APIを利用したアプリが入っているので、PCに接続するだけで利用開始できます。
既にDropboxを利用しているPCでも、影響なく共存して使えます。
【利用者にDropboxアカウントを知られずにすみます】
メモリには、独自のパスワードを設定しますので、利用者にDropboxのアカウント情報を知らせずに利用させられます。アカウント情報はメモリの隠し領域に保管されますので、利用者は一切読み出すことはできません。
【Dropbox上のファイルは暗号化できます】
設定により、Dropboxに保管するデータは暗号化することができます。暗号化は自動的に行われるので、利用者は余計な操作をする必要がありません。

■USBメモリのみでバーチャルプライベートストレージを構築可能!
企業の内部にインストールされたファイルサーバーを外部で使用するためにはVPNを構成しなければならないなど、不便な点が多く、外部からのファイルサーバー接続を禁止するのが一般的です。よって社外にいる人とファイル共有を行うためにはDropboxのようなパブリッククラウドストレージサービスを一般的に利用します。しかし、最近のパブリッククラウドストレージのセキュリティの脆弱性が発見され業務用のファイルをクラウドストレージに保存する際、暗号化が要求されます。本製品はDirect Cloud File Encryptionという暗号化技術を利用してクラウドストレージに保存されたすべてのデータを自動的に暗号化します。

インターネットを基盤に企業専用の仮想私設ネットワーク(VPN, Virtual Private Network)を構築するように本製品はパブリッククラウドストレージを基盤で仮想私設ストレージ(VPS, Virtual Private Storage)を直接構築する新しい概念のクラウドストレージのセキュリティ製品です。どのPCを使用してもインターネットに接続されていればSECUDRIVE USB Cloudメモリに保存されるすべてのデータは仮想私設ストレージを経由してチームの仲間が所持している他のUSBメモリに自動的に同期化されるため、チームの仲間の間で安全にファイルを共有することができます。パブリッククラウドストレージとSECUDRIVE USB Cloudメモリに保存されたすべてのデータはAES256ビットで暗号化されて保存されます。

■製品仕様
【対応OS】Windows Vista、7、8、8.1 (32ビット/64ビットに対応)【インターフェイス】USB2.0/1.1に対応【電源】USB Bus Power【容量】4GB / 8GB / 16GB / 32GB【サイズ】60.6×18.0×8.1mm【重量】10g【動作温度】0℃~45℃
【詳細URL】リンク

■SECUDRIVE総代理店
【会社名】株式会社クオーレ【住所】〒144-0051 東京都大田区西蒲田6-36-11 西蒲田NSビル7F【TEL】03-3730-2441【URL】リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事