logo

Synapse Design、台湾設計センターを新設し、グローバルプレゼンスを拡大

Synapse Design 2014年02月12日 10時50分
From JCN Newswire

同社の過去5年間で3倍の成長をサポート

SAN JOSE, CA, Feb 12, 2014 - ( JCN Newswire ) - 次世代SOCの大手設計パートナーのSynapse Designは、中国とインドの既存センターによりアジアでのプレゼンスを確立していますが、さらに台湾設計センターを開設することを本日発表しました。新センターでSynapseは、台湾で多くのハイテク企業との新しい関係を確立しつつ、長期の既存パートナーをサポートします。

いくつかのソースによれば、台湾のハイテク業界でのプレゼンスは、シスコ、デル、HP、IBM、インテル、MediaTek、マイクロソフト、Novatek、Realtekなど多くの世界大手企業が国内の100か所以上の研究開発センターに投資しているため、急速に成長しています。

「台湾は我々にとって理想的な環境です。フォーチュン500社が多く存在し、地理的位置もアジアの中央付近にあります。」と、COOで共同設立者のDevesh Gautamは述べました。「Synapseは、世界最大級のシステムおよび半導体企業向けに仕様から半導体への開発サービスを提供しているエンジニアリングバックボーンです。」

「我々はすでにセンターのスタッフとして、国内最高のデジタル、アナログおよび混合信号エンジニア25名を配置しており、台湾で着々と人事採用を続けています。」と、社長兼CEOのSatish Bagalkotkarは述べました。「我々は台湾事務所をアジアでトップクラスの設計センターとすべく、積極的に活動する一方で、アジアの他の地域で次の設計センターを開設するための調査活動も行っています。」

Synapse Designについて

Synapse Designは、非常に複雑なSOCの設計サービスの業界をリードする企業で、フォーチュン500社の多くや全世界の半導体会社のシステムバックボーンを設計しています。その人員、製品、技術、およびサービスを通じて同社は、エンジニアリングの卓越性と柔軟なビジネスモデルを提供して、お客様の次世代製品を実現しています。同社の設立は2003年で、本社はシリコンバレーにあります。世界各地のハイテクセンターにグローバルにサービスを提供するだけでなく、米国、ヨーロッパ、中国、インド、台湾などのお客様にその土地に合わせたサービスも提供しています。

Synapse Designについて詳しくは、 リンク をご覧いただくか、メール( sales@synapse.com )でお問い合わせください。

メディアお問い合わせ先:
Susan Cain
Cain Communications
+1-408-393-4794
scain@caincom.com

概要:Synapse Design

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。