logo

Bombardier Aerospace、2014年シンガポール航空ショーで業界トップクラスの航空機を展示

Bombardier 2014年02月10日 12時45分
From JCN Newswire

MONTREAL, QUEBEC, Feb 10, 2014 - ( JCN Newswire ) - アジア太平洋地域、大中華圏およびインドに対するコミットメントを明確に示すため、Bombardier Aerospaceは2014年シンガポール航空ショーで業界をリードするビジネスおよび商用航空機の強力なラインアップを展示します。ビジターの皆様は、BombardierのCSeries パビリオンで展示されるCSeries航空機デモ設備を見学できます。

Bombardier Aerospaceは革新的な航空ソリューションの設計、製造およびサポートで世界をリードする企業として、同社の地理的プレゼンス拡大戦略にのっとり、過去数年間にアジア太平洋地域内の活動を大きく成長させてきました。この地域での商用およびビジネス航空機の需要予測が成長傾向にあることから、Bombardierでは、業界トップクラスの航空機や優れた顧客サポートサービスなど同社の選りすぐりをシンガポールで展示します。地上展示には、Global 6000およびChallenger 605ビジネスジェットの他に、Q400 NextGen航空機が登場する予定です。

また、先日のCSeriesの飛行試験機の最初の2機(FTV1とFTV2)の初飛行の成功に続いて、今回もBombardierのユニークなCSeriesパビリオンへの招待客の皆様は、この画期的な新型飛行機の実物大客室とコックピットのデモ設備を見学できます。

2014年シンガポール航空ショーは、2月11日(火)から2月14日(金)までは商談目的の来場者向けとなっており、2月15日(土)から2月16日(日)までは一般来場者にも開放されます。世界のモビリティソリューションの向上と進化についてのBombardierのビジョンについて詳しくは、CD 61にあるBombardierシャレーをぜひご訪問ください。最先端のCSeriesパビリオンは地上展示場にあります。シャレーとパビリオンはどちらも、2月15~16日には休業します。

ビジネス航空機

今後20年間にBombardierは、先進国の置換需要と新興国の新規需要に推進され、アジア太平洋地域で約1,000機のビジネスジェットを納機する予定です。業界で最も包括的な製品ポートフォリオや、顧客満足度におけるリーダーシップへのコミットメントを通じて、Bombardierはビジネス航空機業界でリーダー的立場を拡大し続けています。軽量ジェットから大型長距離航空機まで、Bombardierはすべてのお客様のどんな需要に対しても、ソリューションを提供しています。アジア太平洋地域で約115機のBombardier Learjet、ChallengerおよびGlobalビジネスジェットが運航しています。

商用航空機

アジア太平洋地域、大中華圏およびインドでは現在、約45社のお客様や運航業者により、300機以上のDash 8/Q-Seriesターボプロップ、CRJリージョナルジェットおよびCSeries旅客機が、運航中または正式発注中です。これらの航空機はすべて、その運航予定の市場に最適化されており、Bombardier Commercial Aircraftのリージョナル販売とマーケティングチームは、シンガポールと上海から業界をリードするソリューションを現在のお客様と見込み客の皆様に提供しています。

Bombardierの2013~2032年の商用航空機市場予測は、20~149座席の航空機を扱っており、期間中にアジア太平洋地域、大中華圏およびインドで4,350機を納機すると予想しています。

この地域で最近購入されたBombardierの商用航空機には、タイのNok AirのQ400 NextGenターボプロップ旅客機2機、追加オプション2機、および他の4機の購入権があります。この発注でBombardierはまた、Nok Airが新しい座席数追加オプションのローンチカスタマーとなることを確認しました。これによりQ400 NextGen航空機は最大86人の乗客を運べるようになります。ガルーダ・インドネシア航空は、CRJ1000 NextGen航空機6機の発注により、アジア太平洋地域で同機のローンチカスタマーになりました。このインドネシアのフラッグキャリアはまた、サードパーティのリース契約を通じて、追加12機のCRJ1000 NextGen航空機を運航する予定で、さらに同機種18機のオプションを保持しています。これらCRJ1000 NextGen航空機12機のうち何機かは、すでにガルーダで運航中です。

お客様を第一に

Bombardierはグローバルアフターマーケットサービスに継続的に投資を続けています。2月11日に同社は、地域のBombardier商用航空機のお客様向けに、初の完全所有サービスセンターを開設する予定です。開所式はセレター空港にある施設で18:00に開催されますので、メディア、運航業者およびパートナーの皆様はぜひお越しください。増加を続ける商用航空機およびビジネス航空機にすでにサービスを提供している多くの地域サポート事務所、予備部品倉庫、認可整備施設などのネットワークは、この施設の開設によりさらに強化されます。

Bombardierはまた、2014年2月18~20日にシンガポールでビジネス航空機のお客様向けに、地域の整備および運航コンファレンスを開催します。それに続いて、2014年3月5~6日に弊社のローカルサポートチームによりQ-Series航空機オセアニア地域レビューが開催されますので、地域の商用航空機の運航業者はぜひお越しください。運航業者やスポンサーに興味をお持ちの方は、両イベントの登録について リンク をご覧ください。

地上展示されるBombardier航空機

Challenger 605航空機: 評価の高いChallenger 605ジェットは、その前機種の優れたChallenger 604ジェットの生産性、品質および信頼性の伝統の上に製造されています。世界中の市場セグメントでトップの座にあるChallenger 605航空機には、現在販売されている大型カテゴリーのビジネスジェットの中で、もっとも幅の広いスタンドアップキャビンが設けられており、飛行可能距離は4,000 nm (7,408 km)で、乗客6人の場合シンガポールとストックホルムをつなぐことができます。*

Global 6000航空機: Global 6000 ビジネスジェットは、コーポレート専用機の中で最大の客室を誇り、もっとも近い競合機よりも大きな客室容量と、フロアスペースを提供しています。超長距離セグメントのビジネスジェットでは、この機により提供される高速到達範囲性能に匹敵するものはありません。究極の客室快適性を提供するこの優れたジェット機は、乗客8名、乗員3~4名の場合、シンガポール~ブリスベーンをノンストップで結ぶことができます。*

Q400 NextGen航空機: Q400 NextGenターボプロップは、効率、スピード、性能、最大積載量および快適な乗り心地を非常にバランスよく提供しながら、環境フットプリントの小さい理想的な短距離航空機です。同機は路線プラン策定者に、他のターボプロップに比べて優れた柔軟性を提供し、もっとも近い競合機種よりも最大14座席多く、貨物室が大きく、最大30%速くなっています。全世界でQ400とQ400 NextGen航空機は、今までに2.95億人以上の旅客を運びました。Q400およびQ400 NextGen航空機プログラムは、世界5大陸30か国以上50社以上のお客様と運航業者に利用されています。

Bombardierについて

Bombardierは、航空機と列車を扱う世界で唯一のメーカーです。Bombardierは、現在のサービス提供をしながら未来を見つめ、どんな場所でも効率的で持続可能で、楽しい交通を求めるニーズに応えることで、全世界の移動手段を進化させています。弊社は車両・航空機やサービス、そしてとりわけ従業員により、世界の交通をリードしています。

Bombardierの本社は、カナダ、モントリオールにあります。弊社の株はトロント証券取引所(BBD)で取引されており、Dow Jones Sustainability Worldと北米インデックスにも上場しています。2012年12月31日締め会計年度の売上高は、168億米ドルでした。ニュースと情報は
リンク からご覧いただくか、Twitter @Bombardier をフォローしてください。

編集者向け注記

-- Bombardier Aerospace社からの最新ニュースと情報はTwitterで @Bombardier_Aero をフォローしてください。
-- Bombardier、CSeries、Challenger 604、Challenger 605、Global 6000、Dash 8、Q-Series NextGen、Q400およびThe Evolution of Mobilityは、Bombardier Inc.と子会社の商標です。
* 特定の条件下の場合。

Haley Dunne
Bombardier Aerospace
+1-514-855-7989
www.bombardier.com リンク

概要:Bombardier

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。