logo

北陸3県での平均ダウンロード速度No1はiPhone・Android ともにドコモ

株式会社ジェック経営コンサルタント 2014年02月06日 13時00分
From 共同通信PRワイヤー

2014年2月6日

株式会社ジェック経営コンサルタント

北陸3県116箇所スマートフォン速度実測調査
北陸3県での平均ダウンロード速度No1はiPhone・Android ともにドコモ。
大学・高校での、ドコモiPhone優位が顕著。73箇所中52箇所で首位。


 北陸3県を中心に活動する調査・マーケティング会社の株式会社ジェック経営コンサルタント(富山県・富山市 以下ジェック経営コンサルタント)は、石川県・富山県・福井県の大学・高校を中心に、ショッピング施設、観光・レジャースポット・交通施設を加えた116箇所で携帯電話主要3キャリアの最新スマートフォンにおける通信速度の実測調査を実施しました。


【TOPICS】

■iPhone ダウンロード速度1位はドコモ、116箇所中85箇所で首位。アップロードはソフトバンクが最速。

 3キャリア全てが取扱っているiPhone。今回の調査で下り速度の平均値が最速だったのはドコモのiPhoneでした。ドコモiPhoneは全116箇所中、85箇所で下り最速を記録しました。なお上りの平均速度はソフトバンクのiPhoneが最速(7.6Mbps)となっています。

■Androidダウンロード最速はドコモ、76箇所で首位。 アップロード速度はドコモとソフトバンクが優勢

 最新Android端末の比較では、ドコモのXperiaZ1fが下り速度で平均29.6Mbpsを記録し、最速となりました。また、Xperia Z1fが「エルパ(福井県)」で記録した下り83.6Mbpsが今回の計測における最速値でした。上り速度では、ドコモ・ソフトバンクが並んで平均7.5Mbpsで最速となりました。

■北陸の高校・大学73箇所中、52箇所でドコモのiPhoneがダウンロード速度首位。Androidでも73箇所中43箇所で首位。

 今回の調査では北陸3県の73の大学・高校で測定を実施しました。ドコモはiPhone、Androidともに平均ダウンロードの最速を記録しました。特にiPhoneでは調査箇所中7割で1位という結果となりました。金沢大学・富山大学・福井大学といった県中心部の大学に加え、能登高校(石川県)、上市高校(富山県)、敦賀高校(福井県)といった県中心部以外の大学・高校でも速い速度を記録しました。最終的にはiPhoneでは45箇所、Androidでは49箇所が下り速度20Mbps以上となり、北陸地区の高校・大学全般における高速LTE網の整備が進んでいることを示す結果となりました。アップロード速度は、ソフトバンクが最速値を記録しました。

■観光・レジャースポット、ショッピング施設、交通施設でもドコモ優位

 今回の調査では観光レジャースポット16箇所、交通施設14箇所、ショッピング施設13箇所でも測定を実施しました。3つのカテゴリにおいて、iPhone、Androidともにダウンロード速度ではいずれもドコモが1位となっています。アップロード速度はiPhoneではいずれもソフトバンク1位、Androidでは観光・レジャースポットはソフトバンク1位、ショッピングではドコモとソフトバンクが1位、交通施設ではドコモが1位となりました。

■石川県ではiPhoneで52箇所中37箇所、Andoridで35箇所がドコモ1位

 今回の調査ではiPhoneでは石川県52箇所中、37箇所でドコモが下り速度1位を記録しました。2位はau、3位ソフトバンクとなっています。Androidでは35箇所でドコモが下り速度1位でした。兼六園等の観光施設、小松空港等の交通施設でも1位を記録しました。特に高校・大学では、全36箇所平均で下り27.3Mbps、金沢大学をはじめ、ドコモiPhoneで下り30Mbps以上が13校、ドコモAndroidで30Mbps以上が16校、最速値はドコモAndroidの金沢大学の下り72.8Mbpsとなっており、ドコモの石川県内の高校・大学の高速LTEネットワークの整備が進んでいることを示す結果となりました。上り速度はiPhoneではソフトバンクが、Androidではドコモが1位となっています。

■富山県ではiPhoneで36箇所中27箇所がドコモ1位

 今回の調査ではiPhoneでは富山県36箇所中、27箇所でドコモが下り速度1位を記録しました。2位はソフトバンク、3位はauでした。Androidでは20箇所でドコモが下り速度1位でした。特に高校・大学では、全21箇所平均で下り24.4Mbps、高岡高校、富山高等専門学校射水キャンパスをはじめ、ドコモiPhoneで下り30Mbps以上が8校、ドコモAndroidで下り30Mbps以上が7校、最速値はドコモAndroidの新湊高校の下り51.7Mbpsとなっており、ドコモの富山県内の高校・大学の高速LTEネットワークの整備が進んでいることを示す結果となりました。上り速度はiPhone、Androidともにソフトバンク が1位となっています。

■福井県ではiPhoneで28箇所中21箇所がドコモ1位

 今回の調査ではiPhoneでは福井県28箇所中、21箇所でドコモが下り速度1位を記録しました。2位ソフトバンク、3位はauでした。Androidでも同じく21箇所でドコモが下り速度1位でした。エルパ、フェアモール福井で特に速い速度を記録しました。高校・大学では、高志高校、北陸高校をはじめ、全14箇所平均で下り22.5Mbps、ドコモiPhoneで下り30Mbps以上が3校、ドコモAndroidで下り30Mbps以上が5校、最速値はドコモAndroidの高志高校の下り51.3Mbpsとなっており、ドコモの福井県内の高校・大学の高速LTEネットワークの整備が進んでいることを示す結果となりました。上り速度はiPhoneがソフトバンク1位、Androidがドコモ1位となっています。


【調査概要】

■調査名: 北陸3県116箇所スマートフォン速度実測調査 
■調査対象: 携帯主要3キャリア(NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイル)のスマートフォン6機種。
         各キャリアiPhone5cおよび、XperiaZ1f(ドコモ)、Xperia Z1(au)、AQUOS PHONE Xx(ソフトバンク)。
■調査期間: 2014年1月27日(月)~1月31日(金)
■測定方法:各ポイントの入り口付近で計測。大学は食堂付近で計測の場合あり。
      各ポイントでそれぞれの機種で3回づつ計測した平均値を採用。





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。