logo

プロジェクト情報の一元管理を支援する「SkyDesk Projects」提供開始

富士ゼロックス株式会社 2014年02月06日 11時00分
From 共同通信PRワイヤー

2014年2月6日

富士ゼロックス株式会社

クラウド環境でプロジェクトの進捗や課題管理を実現
プロジェクト情報の一元管理を支援する「SkyDesk Projects」提供開始

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:山本忠人)は、クラウドを活用したビジネスコミュニケーション支援サービス「SkyDeskサービス*1」で、プロジェクト管理を支援するアプリケーション「SkyDesk Projects(スカイデスク プロジェクト)」を2月6日から提供いたします。

「SkyDesk Projects」は、プロジェクトメンバーや役割の設定、ファイル共有などのドキュメント管理やフォーラム(掲示板)、タスク、ミーティングの設定、フィードにより各メンバーが自分の所属プロジェクトの情報を表示するなど、複数のメンバーが効率的に共同で作業をすすめるための環境を提供するサービスです。

基本機能の利用が可能な無料プランに加え、より大規模な組織としての効果的な利用に向けては、有料プラン「SkyDesk Projects プレミアム」が選択でき、課題管理やチャット機能などの追加オプションもご用意しています。

◆SkyDesk Projectsの機能概要
・プロジェクトの一元管理
個々のプロジェクトの進捗管理はもちろん、組織全体でプロジェクトの状況を横断的に把握することが可能です。
・各メンバーに必要な情報だけをまとめて表示
フィードから、自分が所属するプロジェクトの今後の予定や遅延状況などを全体把握できるので、各メンバーは自分に必要な情報を無駄なく確認することができます。また、フィードの画面からのタスク登録やマイルストン設定、ファイルの追加なども可能です。

◆SkyDesk Projectsプレミアムの特徴
 組織としてより効果的にご利用いただくための高い機能を提供します。
・課題管理
バグなどの不具合対応の課題管理ができます。課題の登録からステータス・進捗管理、条件を設定してワークフローを作成し、更新や通知などのビジネスルールを定義することも可能です。また、他のシステムで行っていた課題管理情報をファイル(CSV形式)に出力してデータインポートすることも可能で、情報資産の有効活用が容易に行えます。
・チャットで他のメンバーとコミュニケーション
遠隔地のプロジェクトメンバーとも手軽にコミュニケーションがとりやすくなり、迅速な意思決定を支援します。他のメンバーをチャットへ招待し、履歴のアーカイブ保存も可能です。
・工数表で作業時間を管理
個々のタスクの作業時間を記録できます。作業期間や開始・終了時間を入力し、どのプロジェクトのどの作業で発生した時間かを日次・週次単位で確認、ファイル形式での出力も可能です。
・他システムとの連携をサポート
オンラインストレージDropboxとの連携が可能です。*2 「SkyDesk Projects」のドキュメント管理画面からDropboxにアクセスしてファイルを共有することができ、プロジェクトで活用してきた情報資産の有効活用に貢献します。

*1「SkyDeskサービス」は、SMB(Small and Medium Business)市場における多様なビジネスコミュニケーションに求められる各種アプリケーションを、パブリッククラウドを活用して提供しているサービスです。
*2 Dropboxのアカウント設定が別途必要です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事