logo

◎シスコとAGTがスマートシティーで戦略提携 都市管理を変革

AGT International / シスコ 2014年02月06日 10時35分
From 共同通信PRワイヤー

◎シスコとAGTがスマートシティーで戦略提携 都市管理を変革

AsiaNet 55725
共同JBN 0126(2014.2.6)

【ニューヨーク2014年2月6日PRN=共同JBN】
*都市ソリューションはインターネット・オブ・エブリシングを現実のものにする。

世界のITリーダーであるシスコ(Cisco)と都市ソリューションの世界リーダーであるAGT Internationlalは6日、Smart City Global Strategic Alliance(スマートシティー・グローバル戦略提携)を発表し、都市の管理と都市の安全を守る方法を飛躍的に変革する最先端解析
リンク)とクラウド技術によってインターネット・オブ・エブリシング(IoE)に期待されていることを現実のものにする。

 (Logo: リンク

 (Logo: リンク

シスコのインテリジェント・ネットワーキング、仮想化コンピューティング、ビデオ管理ソフトウエアと、AGTのスマートシティー・ソフトウエア・プラットフォーム、センサー・ゲートウエー、解析を組み合わせることによって、費用効果が高く、かつ効率的にサービスを提供できるようになり、市民の日常生活がよくなるとともに、輸送、ヘルスケアから公共事業のインフラストラクチャー、災害への準備、個人の安全に至る都市サービスが向上する。

シスコの業界ソリューション担当執行副社長兼最高グローバリゼーション責任者であるウィム・エルフリンク氏は「現在、現実世界の99%はインターネットにつながっていない。しかし都市は人々、もの、データ、プロセスが新しくて素晴らしい価値を提供するためにつながることができるインターネット・オブ・エブリシングの中心地点である。その可能性を考えてみよう。それは、他社にはないシスコのネットワーキングおよびコンピューティング技術とAGTの最先端スマートシティー・プラットフォームを独自に組み合わせることによって本日実現することができた1つのビジョンである。日常生活を向上させるソフトウエアおよび解析のソリューションのリーダーとして定評のあるAGTは都市管理を変革する最適なパートナーである」と語った。

AGTのマティ・コハビ最高経営責任者(CEO)は「シスコとAGTの提携は、都市エコシステムの総合的な見方を提示する。都市エコシステムは、急速な成長と限られた資源によって問題を抱えている。インターネット・オブ・エブリシングの情報を統合し、新しい方法でデータを活用することからチャンスが生まれる。インターネット・オブ・エブリシングは成長を管理し、市民へのサービスを向上させることを支援するソリューションを実現することによって、現代の都市を素晴らしい未来の都市に変貌させる。シスコとAGTは今回の提携を通じて、世界中の都市センターが秘めている大きな可能性を引き出すビジョンを実現した。われわれは、都市を市民に対する脅威を予測しそれを未然に防ぎ、生活をもっと効率的で安全かつ楽しいものにし、われわれの都市を持続可能なものに必ずすることができる」と語った。

シスコの開発・販売担当プレジデントであるロブ・ロイド氏は「シスコとAGTの提携は、単なるコラボレーションの合意ではない。シスコとAGTだけが都市クラウド・ソリューションの開発をリードできる。最新技術と都市ニーズの変化の深い理解を組み合わせることによって、われわれは都市サービスの提供を変革することができる」と語った。

IDCのスマートシティー戦略プログラムのグローバル・リサーチ・ディレクターであるラスビー・イェスナー・クラーク氏は「スマートシティーは世界の市町村が将来実現しなければならないものである。これらの都市はユビキタス通信ネットワーク、高度に分散した無線センター技術、インテリジェント管理システムの力を活用して、現在および将来の課題を解決しエキサイティングな新しいサービスをつくり出す」と語った。

AGTの最新鋭の都市管理プラットフォームを中心に構築されたこのソリューションは、ビデオおよび音響解析、ソーシャルメディアの取り込み、自動車ナンバープレート読み取り、顔認識、モバイルクラウド・ソーシング、都市の土木工事者向けのモバイル・アプリケーション、smart waste、その他ソースなどの多重センシングと解析技術を活用する。シスコのUnified Computing System(商標)技術の支援を受けたAGTの都市フュージョン・プラットフォームはビッグデータ解析を利用して、誤った警報を減らして事故検出率を高める。関係機関は共通のプラットフォームを共有するインフラストラクチャーと管理によって、予算の減少に対処する際には特に効率的なりコスト効率を向上させることが可能となる。これらの利点は分散した都市管理でも達成可能であり、機関の自立性は担保されるとともに共有と再利用が最大限活用される。

▽都市の機能を変革するソリューション
この最初のソリューションは2014年半ばに利用可能となり、以下の2つの主要分野に焦点をあてる。

*リアルタイムの交通状況認識を提供することによって交通事故を発見し、それに対処して解決する交通管理ソリューションは、事故現場からのビデオ生中継を利用した事故探知をサポートする。これにはビデオ解析、舗装埋め込み式無線磁気センサー、ライセンスプレート読み取り機、ソーシャルメディア、最新の交通モデリング予測、代替戦略策定が活用される。このシステムは、さまざまな機関相互のビデオフィード共有をサポートし、長期間の事故トレンドの解析を提供する。このソリューションは世界が抱える問題に対処する。それは交通渋滞の問題で、Texas A&M Transportation Instituteによると、米国だけで交通渋滞により浪費した時間と燃料で、年間1210億ドルに上るコストが生じている。

*都市安全ソリューションによって都市は、疑わしい行動を素早く特定することで運転事故および安全性事故を予測し、それに対する準備と対応、さらに軽減の対策を講じることができる。事故はさまざまなセンサー、都市データ、ビデオおよびソーシャルメディアの映像を活用するソフトウエアによって管理される。ソリューションは、状況を自動的に管理し、それを視覚化して適切な対処を提言する解析を利用する。

今後開発されリリースされるソリューションは、空港、鉄道駅、スタジアムなどの都市および国家の重要なインフラストラクチャーに対応する。

シスコとAGTのソリューションは最初は現場に導入されるが、その後クラウド方式の「ソフトウエア・アズ・ア・サービス」モデルへと進化する。これらのモデルはカスタム化可能で柔軟性があり、さまざまな顧客ニーズおよび予算額に対応できる。今回の合意の中で、AGTは同社の都市クラウド・ソリューションのクラウド・パートナーとしてシスコを選択した。

これらのソリューションを実行するため、AGTとシスコはAGTの都市プラットフォームにCisco VSMビデオ管理技術を統合するとともに、シスコの優れた一連のカメラをサポートし、1つのシステムの中で数十万のセンサーをサポートする高度にスケーラブルな統合ソリューションを開発する。今回の提携には、今後実現する両社間の統合に関するロードマップが含まれており、両社は顧客をサポートする統合ソリューションをテストする研究開発ラボを発足させる。

エルフリンク氏は「都市は1時間で1万人ずつ増えている。しかし、われわれはインターネット・オブ・エブリシングと最新の解析を使って、その課題を都市生活を大改革するチャンスに変革することができる」と語った。

コハビCEOは「これはより安全で豊かな世界を生み出すためであり、それは少数のためでなくみんなのためである」と語った。

▽シスコ(Cisco)について
シスコ(NASDAQ: CSCO)はITの世界リーダーであり、企業が将来のチャンスをとらえることを支援し、これまではつながっていない世界につながれば素晴らしいことが起きることを実証する。最新のニュースはウェブサイトリンクを参照。

▽AGT Internationalについて
AGT Internationalはスイス・チューリヒに本社を置く株式非上場企業である。AGTはソーシャルメディアを含め広範なデバイスとセンサーと接続する強力な解析および予測ソフトウエア・ソリューションを提供する。これらのソリューションによって、顧客は投資収益率に重点を置いて、世界を察知し、複雑な環境を解析し、イベントを予測する。

CiscoとCiscoのロゴは米国およびその他の国でシスコおよび/またはその子会社の登録商標である。Ciscoの商標リストはウェブサイトwww.cisco.com/go/trademarksに掲載されている。ここで言及された第三者の商標はそれぞれの所有者の財産である。パートナーという言葉の使用はCiscoとその他の企業とのパートナーシップ関係を意味しない。

ソース:AGT International; Cisco

▽問い合わせ先
Daphne Wang,
AGT International,
+1-646-556-9319,
dwang@apcoworldwide.com,

Alison Stokes,
Cisco,
+44-20-8824-0926,
astokes@cisco.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。