logo

世界初、8K非圧縮映像“さっぽろ雪まつり”の超高速伝送実験に成功

独立行政法人情報通信研究機構 広報部 2014年02月05日 15時00分
From 共同通信PRワイヤー

2014年2月5日

独立行政法人 情報通信研究機構(NICT)

世界初、8K非圧縮映像“さっぽろ雪まつり”の超高速伝送実験に成功

【ポイント】
・世界初の8K非圧縮映像の長距離伝送に成功。4K圧縮映像の多地点間伝送も実証
・100Gbps回線上に複数の異なる回線品質の仮想回線を同時に構築することで実現
・4月からJGN-X上で8K非圧縮映像やビッグデータなどの大容量データを用いる実証実験が可能に

独立行政法人 情報通信研究機構(以下「NICT」、理事長: 坂内 正夫)は、JGN-X上にて新世代ネットワークの実現に向けた研究開発を進めています。このたび、現在開催されている“さっぽろ雪まつり”の8K/4K映像の非圧縮IP伝送を、産学との連携によるNICT主催の実証実験において、世界で初めて成功しました。また、HD/4K/8Kの品質の異なる映像データを伝送するための複数の仮想回線を利用者の要求に応じて迅速に構築する動的オンデマンドネットワークの実証実験を実施しました。本年4月から稼働予定のJGN-X上の次期SDNテストベッドでは、これらの機能を活用した実証実験が可能となります。

【今回の実験概要】
NICTでは、新世代ネットワークの実現等に向けた研究開発用テストベッドネットワーク「JGN-X」を構築、運用しており、今回は、昨年成功した100G伝送実験成果を踏まえ、以下の実証実験を行いました。

・本年4月のJGN-Xの基幹回線の100Gbps化に先立ち、東京~大阪間にNTTコミュニケーションズから実験用100Gbps回線の提供を受け、同区間にて8K映像並びに4K映像の非圧縮データを同時並列にて伝送できる仕組みを構築しました。また、さっぽろ雪まつり会場からの高解像度映像などを国内の複数拠点へHDから4Kレベル、8Kレベルまでの超高精細品質にてIPネッ
トワーク上で伝送する実験を神奈川工科大学他と共同で実施し、広域かつ多機能なネットワーク運用技術を実証しています。

・100Gbps回線上での複数仮想回線の運用を見据え、ネットワーク伝送状況を高精度に測定・分析する仕組みを構築しています。また、4K圧縮映像や高品質な商用放送映像伝送をJGN-X上のSDNテストベッド「RISE」のOpenFlowネットワークで並列伝送する実証実験を行います。これにより、既存サービスと新世代サービスの混在を可能とすることで、技術移行期に対応できるかを検証しています。

これらの実験は、補足資料<実証実験 参加機関>に記載の機関の協力・協賛を得て実施するものです。

【今後の展望】
2014年4月に予定しているJGN-X回線の100Gbps化により、これまで困難だった8K非圧縮伝送やビッグデータのような大容量データを用いる実証実験が可能になります。SDNを用いた動的オンデマンドネットワーク技術及び100Gbps回線の運用技術を生かしたテストベッドを利用者へ提供することにより、超高精細映像やサイエンスビッグデータなどの用途に的確に対応できる将来の新世代ネットワークの早期実現に向けた研究開発を促進します。
なお、今回の実証実験については、2月7日(金)17時からグランフロント大阪にて一般公開いたします。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。