logo

マーサー 中高年人材の活性化、「リ・スキル(Reskilling)」に関する報告書を発表

2014年世界経済フォーラム年次総会(通称ダボス会議)報告内容の詳細版

報告書:「リ・スキル -中高年人材の生産性と競争力向上のために-」

• 30を超える日本企業・団体の調査を通じて見出したキーワードは「リ・スキル」
• 中高年社員の活性化の5つの成功要因を特定
• 「成長」「仕事の要件と人材の能力の客観的な評価」「育成のための投資」の3つの基本的方向性に基づく提言

世界最大級の人事・組織コンサルティング会社マーサーの日本法人であるマーサージャパン株式会社は、報告書「リ・スキル~中高年人材の生産性と競争力向上 のために~」を発表した。
本報告書は、2014年1月下旬に世界経済フォーラム(WEF)年次総会(通称ダボス会議)で報告されたレポート「 Education & Skills 2.0: New Targets and Innovative Approaches」のうち、日本における中高年人材活用の課題と解決のための提言の元となった調査・分析の結果をマーサージャパンとしてまとめたものである。
キーワードは「リ・スキル(Reskilling)」
本報告書は、30を超える日本企業・団体のヒアリングを含む調査より見出した「リ・スキル」をキーワードとして、中高年人材の活性化の成功要因を抽出し、 企業・個人・政府への提言を行っている。
「リ・スキル」とは、個人が、年齢にかかわらず成長することを志向し、新たなスキルを身につけたり、経験領域を含 むより広い領域で保有するスキルを活用したりすることによって、個人としての生産性や競争力を高め、より大きな価値を生み出すことができるようにすること である。

中高年人材の活性化は、多くの日本企業で重要な経営課題として認識されているが、未だ有効な解決策が見出されているとは言えない。解決に向けた具体的な取 り組みが進まない根本原因は、年齢による個人の能力の衰えにあるのではなく、高度経済成長期に労働力確保の観点から整備された日本企業の人材マネジメント と雇用慣行、労働市場の流動性を低位安定させた社会・労働政策、そして会社の提示するキャリア・シナリオを甘受する個人の「一所懸命」の就社観の3つが強 固に噛み合って容易にほどけないことにある。
中高年人材活性化の成功要因
マーサーによる調査を通じて、まだスケールこそ小さいものの、目的を明確に意識したユニークな取り組みによって中高年がスキルの転換や高度化を果たし、新 たな価値を生み出しているケースが見出された。それらの分析から導き出された「中高年社員の活性化」の成功要因は以下の5つである。
1. 個人に「成長」を求める場づくり
2. 経験領域を含む、より広域で活用可能な個人のスキル・適性の特定
3. 個人の志・動機の振り返り・再確認と成果に対する評価・認知
4. 人と事業の要件を見極めた上での柔軟なマッチングと成長の支援
5. 組織を超えたオープン化、これによる上記(1)~(4)の強化


これらの成功要因を個別ばらばらに施策に落とし込み、実施しても十分な成果は期待できない。これらの成功要因を複数組み合わせ、かつ、企業・個人・政府が連携して包括的に取り組むことが重要である。
企業・個人・政府への提言
企業・個人・政府はそれぞれ、「成長」「仕事の要件と人材の能力の客観的な評価」「育成のための投資」の3つの基本的方向性で一貫した、以下の意識・行動・施策の変革を一体的に進めるべきである。

<企業>
1. 成長戦略を実現するための人材戦略を具体的に示す
2. 年功ではなく、仕事の要件と人の能力を客観的に評価して配置・登用する
3. 中高年社員こそローテーションして育成する
<個人>
1. 「志」を再確認し、年齢に関係なく成長を目指す
2. 肩書や年次で仕事をしない
3. 市場価値を意識し、35歳から毎年キャリアを見直す

<政府>
1. 「日本再興戦略」に中高年人材をマッチングするオープンプラットフォームを作る
2. リ・スキルのロールモデルを表彰し、特定分野を超えて活用できる能力の評価基準を作る
3. 職業訓練を見直し、中高年人材へのリ・スキル促進投資を増やす

本報告書発表に当たり、マーサーのリーダーシップ・組織戦略コンサルティング部門アジア・中東・アフリカ・ラテンアメリカ地域代表であり、調査を統括した中島正樹は、次のように述べている。

「『リ・スキル』には、中高年個人の意識の転換と行動変革が必要なのは大前提だが、企業による伝統的な人材マネジメントからの転換と、政府による新たな視 点からの労働政策が、それと一体となって実施されることで、今後、高齢化と人口減が進む中でも日本が経済成長を持続するための大きな力になると期待でき る。」

なお、この調査・分析は、世界経済フォーラム:Global Agenda Council on Education & Skillsの委員で、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科の石倉洋子教授と共同で実施したものである。石倉教授は、次のように述べている。

「世界経済フォーラムのGlobal Agenda Council on Education & Skillsでは、2014年1月のダボス会議の場で、変化の加速する世界における競争力の原動力である『教育―スキル開発―雇用』の連鎖について、最新 の考え方や事例を集めた『Education & Skills 2.0: New Target & Innovative Approaches』を発表した。第10章の日本の事例「女性と中高年人材を活用して日本経済を再生する」では、最近安倍内閣が成長戦略の核として提唱 している女性活用とともに、急速な高齢化において世界の先頭に立つ日本の取組に焦点をあてている。日本経済、日本企業が競争力を取り戻す上で鍵となる中高 年齢人材の戦力化は、今後同様の道をたどる諸外国にも示唆を与えるものとなろう。」

報告書要旨(エグゼクティブ・サマリー)は以下からダウンロードできます。
リンク

報告書全文(フル・レポート)をご希望の方はお問い合わせください。

Education & Skills 2.0: New Targets and Innovative Approaches
2014年世界経済フォーラム(WEF)年次総会(通称ダボス会議)で報告されたレポート

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

マーサーについて
マーサーは組織・人事、福利厚生、年金、資産運用分野でサービスを提供するグローバル・コンサルティング・ファームです。全世界約20,000名のスタッフが40カ国以上約180都市の拠点をベースに、140カ国以上で、25,000超のクライアント企業のパートナーとして多様な課題に取り組み、最適なソリューションを総合的に提供しています。
日本においては、35年余の豊富な実績とグローバル・ネットワークを活かし、あらゆる業種の企業・公共団体に対するサービス提供を行っています。組織変革、人事制度構築、福利厚生・退職給付制度構築、M&Aアドバイザリー・サービス、グローバル人材マネジメント基盤構築、給与データサービス、年金数理、年金資産運用など、「人・組織」を基盤とした幅広いコンサルティング・サービスを提供しています。
マーサーは、ニューヨーク、シカゴ、ロンドン証券取引所に上場している、マーシュ・アンド・マクレナン・カンパニーズ(証券コード: MMC)グループの一員です。
マーサーについての詳細は、以下をご参照ください:
マーサー ジャパン リンク
Mercer(Global) リンク
マーシュ・アンド・マクレナン・カンパニーズについて
マーシュ・アンド・マクレナン・カンパニーズ(ニューヨーク証券取引所コード: MMC)は、グローバルプロフェッショナルサービスを提供する企業グループとして、顧客企業にリスク、戦略、人材分野の助言とソリューションを提供しています。
マーシュ・アンド・マクレナン・カンパニーズはマーシュ(保険仲介とリスクマネジメント)、ガイカーペンター(再保険仲介・コンサルティング)、マーサー(組織・人事マネジメント・コンサルティング)、そしてオリバーワイマン(戦略コンサルティング)から構成されており、年間総収入110億米ドル超、全世界に53,000名の従業員を擁し、100ヶ国以上で顧客に分析、アドバイスを行い、各種取引を支援しています。
当グループは責任ある企業市民として事業展開しているコミュニティに貢献しています。詳しい企業情報については www.mmc.com、今日企業が直面する課題に取り組む当グループの国際的な実務能力とソリューションについては www.PartneringImpact.com をご覧ください。


本件に関するお問い合わせ
マーサー ジャパン株式会社
広報
小原 香恋 Karen Ohara
Tel: 03-5354-1674 pr.japan@mercer.com

組織・人事変革コンサルティング部門
Tel: 03 5354 1540 hcas.japan@mercer.com
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事