logo

過去のバレンタインに、彼氏もしくは旦那さんに毎年何をあげていた? ~「買ったチョコ」が約7割。手づくりチョコに手編みのセーターも健在~

株式会社リクルート住まいカンパニー 2014年01月29日 11時00分
From Digital PR Platform


 株式会社リクルート住まいカンパニー(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:野口 孝広)が運営する不動産・住宅サイト『SUUMO(スーモ)』は、住まいや暮らしに関する様々なテーマについてアンケート調査を実施し、調査結果を「SUUMOなんでもランキング」としてご紹介しています。今回は、「過去のバレンタイン、彼氏もしくは旦那さんに毎年何をあげていた?」というテーマの調査結果をまとめましたのでお知らせします。



――――――――――――――――――――――――――――――――――
1位は「買ったチョコ」(69.7%)、「手づくりチョコ」派も健在(41.8%)
――――――――――――――――――――――――――――――――――

もうすぐバレンタインデー。彼に旦那さんに、憧れのあの人に、チョコを贈って気持ちを伝える日です。そこで今回は、みんなはどんなものを、いくらの予算であげているかを調査しました。
定番のチョコレートは「買ったチョコ」(69.7%)と「手づくりチョコ」(41.8%)がそれぞれ1位と2位に入り、手づくりも半数近くいることがわかりました。4位以下はチョコ以外を贈るという人。彼が甘いものを食べないという理由が多数でした。マフラーやセーターなどの手編みものも健在。また、10人に1人は「何もあげない」派でした。
続いて金額を調査してみると、こちらは意外と手ごろな値段でした。500円という人は、手づくり派に多かったよう。お金をかけずに気持ちを伝えられれば最高ですよね。今年のバレンタイン、あなたは何をいくらかけて彼に贈りますか?

<調査概要>
【調査実施時期】2013年12月18日~12月19日
【調査対象者】全国の20~59歳の女性208名
【調査方法】インターネット調査
【有効回答数】208


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
理由は「あのころは高給取りだった」「見返りを求めて」「1年に一度くらいは……」など
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【金額と理由】
●300円(手づくりチョコ) :
 安いコストで、美味しいものをつくりたかったから。(27歳・女性)
●1000円(買ったチョコ):
 夫がチョコレートを好きではないので、高額なものはあげない。(32歳・女性)
●1000円(手編みのマフラー):
 初恋の相手に、そのころ流行っていた手編みのマフラーをあげました。今考えるとぞっとします。
 (39歳・女性)
●6000円(ワイシャツ):
 普段は安いワイシャツだけれど、1年に一度くらいは仕立てのいいものをプレゼント。
 (48歳・女性)
●7000円(香水):
 つけてほしい香りだったから。(27歳・女性)
●8000円(ネクタイ):
 素敵なネクタイをしてほしい。(44歳・女性)
●1万円(お酒):
 好きな食べ物を用意して、一番気に入っているお酒をプレゼントします。外食のときもあります。
 (52歳・女性)
●1万円(香水):
 いらないと言われたら自分で使おうと思った。(52歳・女性)
●3万円(鞄):
 ブランドものだったので。(34歳・女性)
●3万円(靴):
 高給取りだったあのころはこのくらい出せました……。(41歳・女性)
●3万円(財布):
 今まで使っていた財布がボロボロだったので、見返りを求めて奮発!(48歳・女性)



「SUUMOなんでもランキング」コーナーでは、住まいに関する様々なテーマについてアンケートを実施し、結果をまとめた記事を隔週で発表してまいります。

▼「SUUMOなんでもランキング」コーナー  その他の調査はこちら
 リンク

▼不動産・住宅サイト『SUUMO(スーモ)』はこちら
 リンク

▼リクルート住まいカンパニーについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。