logo

OKI、インドATM市場に参入、最大手銀行SBIに納入開始

インド最大手のインドステイト銀行に紙幣還流型ATMを納入

Tokyo, Jan 27, 2014 - ( JCN Newswire ) - OKIは、成長を続けるインドATM市場に参入します。このたび、インドの最大手銀行であるインドステイト銀行(State Bank of India、以下SBI)より紙幣還流型ATM(現金自動預け払い機)「ATM-Recycler G7」を受注し、納入を開始しました。

SBIは、1806年設立され、3880億米ドルの資産(2013年12月現在)、インド国内外に20,000以上の店舗網、約39,000台の CD(出金専用機)とATMを運用しており、資産、口座、支店数、顧客数および従業員数の全てにおいてインド最大の商用銀行です。顧客満足を第一に考え、インターネット、モバイルを含めた多様なチャネルを通じた顧客へのサービス強化を図っています。

OKIの「ATM-Recycler G7」は、SBIの店舗にて試行運用が行われ、高い稼働率による信頼性とリサイクル(紙幣還流)機能への将来の拡張性、さらにはインド市場の他の紙幣還流型ATMより35%以上大きな収容力を持つこともなどが高く評価され、採用に至りました。

経済成長を続けるインドは、CDとATMの稼働台数が2013年に約14万台とアジアでは中国、日本に次ぐ3番目の市場規模で、今後もインド準備銀行(インド中央銀行)による金融包摂策(Financial Inclusion)(注1)により2016年には約2倍規模へと大きな成長が見込まれています。OKIは、SBIへの納入を足がかりにし、紙幣管理・運用管理の効率化に大きく貢献する紙幣還流型ATMを武器に、インドATM市場のシェア25%獲得を目指します。

OKIは、2016年度を最終年度とする「中期経営計画2016」(2013年11月12日発表)において、海外での新規ATM市場の開拓を経営戦略の最重要項目の一つに位置付けています。中国、ロシア、インドネシアに続く今回のインド市場への参入により、高い経済成長の継続が期待される新興国を中心にグローバルATM市場でシェア40%を目指していきます。

【インドステイト銀行(State Bank of India:SBI)について】

200年以上の歴史を持つ、資産、口座、利益、支店数、顧客数および従業員数の全てにおいてインド最大の商用銀行。インド政府が61.58%の株式を所有する。インドの銀行で唯一、フォーチュン・グローバル500(Fortune Global 500)のランキングに入っており、2012年7月発行の「The Banker」誌にてトップ1000銀行の60位にランクされる。SBIと5つの関係銀行によるSBIグループでインド国内の20,000以上の支店と、その他34か国の173拠点の広大なネットワークを持つ。

【用語解説】
注1: 金融包摂策(Financial Inclusion)
「居住地や貧富の差に関係なく、インドの全国民が平等に金融サービスを受けられる社会を作る」という政策。

概要:沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 リンク

お問合せ先:
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部 村川
電話: 03-3501-3835
e-mail: press@oki.com

本件に関するお客様からのお問い合わせ先
統合営業本部 海外営業部
電話: 03-5440-4684
お問合せフォーム
リンク (和文)
リンク (英文)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。