logo

◎ロイヤル・フィリップスが新しいヘルスケア事業を立ち上げ

ロイヤル・フィリップス 2014年01月23日 14時32分
From 共同通信PRワイヤー

◎ロイヤル・フィリップスが新しいヘルスケア事業を立ち上げ

AsiaNet 55601
共同JBN 0086 (2014.1.23)

【アンドーバー(米マサチューセッツ州)2014年1月23日PRN=共同JBN】

  *グローバル・ビジネス・グループは病院や医療機関が新しく効率的で、低コストの患者ケアを追及するためコンサルタントとソリューションのパートナーになる。

  *グループは共通のデジタル医療プラットフォームや高度情報科学、ビッグデータ分析、世界クラスの統合およびコンサルティングサービスに力を入れる。

ロイヤル・フィリップス(Royal Philips、NYSE:PHG,AEX:PHIA)は23日、ヘルスケア部門内に新事業組織のHealthcare Informatics Solutions and Servicesを設立したと発表した。新組織は病院や医療機関が新しい治療方式を導入するのに必要な診療計画や高度データ分析、相互運用可能なクラウドベースのシステムを提供する。

    (Logo: リンク

高齢者や病弱な人々の健康を改善した確かな実績に基づき、Healthcare Informatics Solutions and Servicesは医療機関と連携し、検査や診断から、治療、経過観察、最終的には家庭でのアフターケアに至る継続治療の全般にわたり、利便性や低コスト化、サービスの質的向上を図る。

フィリップス・ヘルスケア(Philips Healthcare)のデボラ・ディサンゾ最高経営責任者(CEO)は「今日の医療システムは運営や方針決定、患者ケアの方法が変化している。このため複雑化した組織や、個々の患者についての関連適用データは、全般的な見直しが必要だ。わが社はその手段や分析、助言、支援を広げ、医療機関が統合的かつ協調的な診療態勢に移行する道筋を示していく」と述べた。

Healthcare Informatics Solutions and Servicesのトップに就くのは、フィリップスの元最高情報責任者(CIO)のゼルーン・タス氏。新組織は世界の大手医療機関の間で高まる需要に対応するフィリップスの進化の新たな一歩となる。フィリップスは昨年、Georgia Regents Medical Center(GRMC)との間で15年提携契約(リンク)に調印した。契約によってGRMCは有名な学術的医療センターからより患者を重視した医療機関へ、さらには複数拠点での将来にわたる診療、運営、医療機器のニーズに沿った革新的な事業体への体質転換が可能となった。

一方、Philips Healthcare North Americaは23日、北米地域で変化するヘルスケア市場や顧客に対するサービスの向上を狙いとして販売組織を立ち上げた。フィリップスは統合医療ネットワーク(IDN)や大手顧客を重視すると同時に、単独の病院やそれ以外の医療市場に対しても支援を続ける。フィリップスの顧客担当者はこの新しい協調的な顧客管理手法によって、幅広い分野にわたって包括的なソリューションを提供していく。

▽問い合わせ先
Rachel Bloom-Baglin
Philips Healthcare
Tel: +1 978 760 9007
E-mail: rachel.bloom-baglin@philips.com

Steve Klink
Philips Group Communications
Tel: +31 6 10888824
E-mail: steve.klink@philips.com

▽ロイヤル・フィリップスについて
ロイヤル・フィリップス(NYSE:PHG,AEX:PHIA)は、人々の生活の向上を目指して常に革新的であり続け、ヘルスケア、コンシューマーライフスタイル、照明の分野で健やかで満ち足りた暮らしを提供する企業。本社はオランダで、2012年の売上高は248億ユーロ、世界100カ国以上に約11万4000人の従業員を置く。循環器疾患ケアや急性期疾患の診断治療と、ホームヘルスケア、省エネ型照明ソリューション、新しい照明アプリケーションのほか、男性用シェーバーやグルーミング・オーラルケアでリーダーシップを発揮している。同社のニュースについてはwww.philips.com/newscenterを参照。

ソース:Royal Philips

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事