logo

インド有力会計事務所と合弁会社を設立。日本企業のインド進出支援、M&Aアドバイザリー・サービスを開始。

税理士法人ザット 2014年01月23日 13時00分
From 共同通信PRワイヤー

2014年1月23日

税理士法人ザット

税理士法人ザットのグループ会社XATコンサルティングはムンバイを中心にインド各都市に拠点を持つ、インドの有力会計事務所RKCAと合弁会社を設立した。
日本企業のインド進出支援ならびにインド企業への出資、クロスボーダーM&Aなどのアドバイザリーサービスを提供する。

XATコンサルティング(東京都新宿区 代表 宇野 嘉晃、以下「XAT」) は、ECOVIS RKCA(インド ムンバイ 代表R. L. Kabra、以下「RKCA」)と共同出資による新会社、RKCA XAT Advisors Private Ltd.(代表Dheeraj Rathi、「RKCA XAT」)を設立し、2014年1月より業務を開始した。
XATは、日系、外資系企業に対して会計、税務のアドバイス、アウトソーシングサービスなどを提供している税理士法人ザットを傘下に持つコンサルティングファームで、近年メンバーファームを急増している国際的な税務会計法務のネットワークであるECOVISにも加盟している。ECOVIS RKCA はインドにおけるECOVISのメンバーファームであり、代表のKabra氏はインド会計士協会の元会長である。M&Aディール、デューデリジェンス、監査業務、政府公認株式価値算業務などの経験が豊富である。

この度、インド ムンバイに設立したRKCA XATは、日本企業のインド進出を支援することで、インド経済の発展に寄与することを目指している。インドに進出を検討している企業に対する、市場調査や個別ケースに対応したフィージビリティスタディの提供サービスを実施する。RKCAがインド全土で収集した豊富なデータや分析ノウハウを活用することで、商品戦略、マーケティング戦略、物流戦略、財務・税務戦略などを複合的に勘案した総合的な戦略立案サービスを提供する。また、日系企業との合弁事業を希望するインド企業とのマッチング、インドに進出した企業に対する法務・税務・会計といったアウトソーシングサービスも提供する。

加えて、インド企業のさらなる発展に貢献できるよう、インド全土からクロスボーダーM&Aの候補企業を発掘し、日本、香港、シンガポールなどを中心とするグローバル企業、投資家とのM&A、事業提携、資本取引などに対するファイナンシャルアドバイザリーサービスを提供する。RKCA XATには、インド、日本、米国などの地域でクロスボーダーM&A、コーポレートファイナンスのアドバイザリー業務に従事した経験のあるメンバーが集結し、それぞれが持つネットワーク、ノウハウを最大限に活用することで、世界的にニーズの高まっているインド企業のクロスボーダーM&Aを推進する。

XATにおいては、現在、同様のコンセプトによるカンボジア拠点も並行して設立し、2013年12月より業務を開始している。今後は、西のミャンマー、最東端のベトナム、南のインドネシアにおいても同様のサービスの展開を計画しており、これらのネットワークを駆使し、東南アジアに進出している、または、進出しようとしている日系企業を全面的にサポートできる体制を整えていく計画である。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事