logo

CTCスーパーエンジニアのコラム”「ニッケル・アンド・ダイムド 」~すべてのアメリカ人にプログラミングを学んで欲しい~”

スーパーエンジニア講師による人気連載コラム

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC)のグループ会社で、ITシステムの保守サポート、運用サービス及び教育サービスを提供するシーティーシー・テクノロジー株式会社(本社:東京都千代田区、以下:CTCテクノロジー)はCTCスーパーエンジニアのコラムCTCスーパーエンジニアのコラムコラム”「ニッケル・アンド・ダイムド 」~すべてのアメリカ人にプログラミングを学んで欲しい~”を公開しました。

###

 「すべてのアメリカ人にプログラミングを学んで欲しい」

 これは米国バラク・オバマ大統領が動画で公開しているメッセージです。
 (President Obama calls on every American to learn code)

 オバマ大統領が、学生や先生、NPOなどで構成する会合(非営利団体が主催するコンピュータサイエンス教育週間 Computer Science Education Week: CSEdWeekというイベントが2013/12/09から開催)に向けたスピーチ(動画)です。このスピーチに関するニュースは各所で取り上げられているのでご存知の方も多いと思いますが、未見の方は是非メッセージの原文(肉声)をYouTubeでご覧になると宜しいでしょう。

 スティーブ・ジョブズ、ビル・ゲイツ、マーク・ザッカーバーグ等も「プログラミングを学ぶ必要」について過去に同様の趣旨の発言をしています。し かし今回は業界の外側で、しかも現職の米国大統領の発言ですので(イベントでのキックオフスピーチだということを差し引いても)パンチの重みが違います。

 オバマ大統領は以前にも同様の趣旨での発言をしており、小中学生からのプログラミング教育に熱心で、現実に高校からプログラミング必修化へのカリキュラム見直しを提案しており意欲的に取り組んでいる様子です。

 この発言には二つの意図があるように推論出来ます。それは米国での将来的な労働力の確保と就業人口増加のための貧困層の就職口です。

 現在ですら仕事でコンピュータを使わない業種はほぼ皆無といって良いでしょう。将来的にはその能力拡大による影響範囲は指数関数的に増えていくことは明白です。つまりコンピュータの知識を完全に排除しては、どんな職種であれ就業機会には恵まれません。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事