logo

Hyper-Vコラム「Windowsとトレーニングと女子部」(ビズポイント小塚大介氏)

ビズポイントの小塚氏、マイクロソフト・エバンジェリスト高添氏のHyper-Vコラム

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC)のグループ会社で、ITシステムの保守サポート、運用サービス及び教育サービスを提供するシーティーシー・テクノロジー株式会社(代表取締役社長:藁谷二郎、本社:東京都千代田区、以下:CTCテクノロジー)はマイクロソフトHyper-Vテクニカルコラム「Windowsとトレーニングと女子部」 (小塚大介氏) を公開しました。

###

 今回は普段とは話題を変えてトレーニングについて書きたいと思います。
 最近はさまざまなIT企業の方々をコミュニケーションさせていただくのですが、その中でインフラエンジニアの育成の方法についてよく質問をお受けます。多くの企業ではエンジニアの効率的な育成の方法を模索しているようです。

 私(小塚)が社会人になってからの数年間はインフラエンジニアではなくプログラマーとして、ERP関連のWEBアプリケーションを開発していまし た。ある時からプログラムを書く仕事のほかにパフォーマンスチューニングの仕事が多くなりWindows ServerやSQL Server、javaなどのチューニング方法について勉強しました。考えてみれば、現在の自分のインフラエンジニアとしての基礎はその頃に学んだと思い ます。当時はインターネットで検索して、技術書を買って読んでは実際に検証環境で試して効果を測定するという日々でした。また、当時のお客様に高いスキル を持ったインフラエンジニアの方々がいたので、彼らからも学ぶことはたくさんありました。

 インフラエンジニアとしてスキルアップするためには、実際に案件をこなして経験を積むことが理想ですが、なかなかうまくいかないものです。しか し、そのような環境でも個人としてできることは幾つかあると思います。その中でも個人的に重要と思っているのは情報収集と検証です。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事