logo

◎ウィーン2013年の観光実績:新たな最高宿泊数

ウィーン市観光局 2014年01月21日 10時40分
From 共同通信PRワイヤー

◎ウィーン2013年の観光実績:新たな最高宿泊数

AsiaNet 55568

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。


ウィーン2013年の観光実績:新たな最高宿泊数

ウィーンの観光実績は、前年度も新たな最高記録を示しています。1270万泊の総宿泊数は2012年に比べ3.7%増加で、これまでの最高記録となっています。

2013年にウィーンを訪れた旅行者の総宿泊数は1271万9000泊で、新たなレコードとなっています。この年間実績は、これまでの最高記録である2012年を3.7%上回るものです。ウィーン市観光局のノルベルト・ケットナー局長は「総宿泊数がクリムト・イヤーの2012年をも上回ったことは、ウィーンの持続的な魅力を反映するとともに、私たちの長年にわたる体系的な市場多様化への努力が実を結んだものです」と語っています。

観光産業部門におけるウィーンの10大市場は2013年も、ドイツの251万3000泊(前年度比+5%)をトップとして、オーストリア(232万7000泊、+4%)、ロシア(70万9000泊、+12%)、アメリカ(65万8000泊、+6%)、イタリア(61万1000泊、-5%)と続きます。6位から10位はイギリス(45万泊、+5%)、スイス(38万4000泊、+/-0%)、スペイン(35万9000泊、-5%)、フランス(35万3000泊、-4%)、日本(30万6000泊、-1%)です。急上昇しているのは韓国(12万4000泊、+24%)、中国(20万8000泊、+5%)、ブラジル(11万5000泊、+3%)、更にアラブ首長国連邦(8万2000泊、+15%)、サウジアラビア(7万9000泊、+6%)です。ウィーンのベッド数も、2012年12月から2013年12月までに3450ベッド(+6.3%)増加し、ほぼ5万9000ベッドとなりました。ベッドの平均稼働率は54.7%(2012年:56.7%)、客室の平均稼働率は69%(2012年:70%)です。

様々な国際会議の開催地としても、ウィーンは相変らずトップの座を占めています。2013年度もウィーンは、国際会議協会(ICCA)によって既に連続8回、世界第1位の国際会議都市に認定されています。これは2012年に開催された195の国際会議の実績によるものです。

お問合せ先
Vienna Tourist Board
ウィーン市観光局
Isabella Rauter
担当:イザベラ・ラウター
Tel. +43 /1/21114-301
E-Mail: media.rel@vienna.info
リンク
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事