logo

◎GKN ドライブライン、ロシアへ進出

GKN ドライブライン 2014年01月16日 10時40分
From 共同通信PRワイヤー

◎GKN ドライブライン、ロシアへ進出

AsiaNet 55531

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

GKN ドライブライン、ロシアへ進出


2014 年1 月16 日、英国レディッチ - グローバルな自動車/航空宇宙エンジニアリンググループ GKN plc の一部門である GKN ドライブラインは、拡大するロシア市場で新たに自動車部品の製造を行うことを決定し、事業の世界展開を強化する姿勢を示しました。

GKN ドライブラインは、まずロシアのボルガ地域の都市トリアッティに5,000平方メートルの工場を設立する予定です。同市には多くの大型車メーカーが既に拠点を構えています。GKN は 2015 年早期から多くの自動車メーカー向けにCVJサイドシャフトの製造を開始する予定です。

GKN オートモーティブのアンディ レイノルズ スミスCEO(最高経営責任者)は、次のように述べています。「ロシアは自動車メーカーにとって重要な成長市場です。これはGKN にとって重要なステップになります。」当社の重要戦略のひとつは、グローバル拠点を継続的に拡大し、お客様のためにドライブラインの全製品の付加価値を高める能力を構築して行くことです。
GKN は既にドライブライン製品をロシアの大手自動車メーカーの多くに供給していますが、ロシアにおける当該製品では初のこの新工場は、お客様が既にGKN に期待を寄せている優れたサービスと共に、現地で製造した製品を提供します。

ロシアでは毎年200 万台以上の自動車が製造されています。需要の高まりと、自動車市場における新たな製造施設の設立や追加投資に照準を当てた政府の方針により、製造に拍車がかかることが予測されます。

以上GKN について
GKN plc は世界的なエンジニアリング企業です。GKN のテクノロジーと製品は、世界の主要メーカーが生産する自動車や航空機の中核部分に採用されています。GKN は次の 4 事業で構成されます。
GKN ドライブライン、GKN シンターメタルズ、GKN エアロスペース、GKN ランドシステムズ。

30 か国以上で事業を展開し、子会社と合弁会社を含めて約 48,000 名の従業員を擁しています。当社の優れたテクノロジーと製造リソースを活用して、最高品質のシステム、製品、コンポーネントおよびサービスを提供しています。

GKN ドライブラインについて
GKN ドライブラインは、自動車駆動系システムやソリューションの世界有数のサプライヤーです。世界の主要自動車メーカーに製品を供給するグローバルサプライヤーとして、GKN ドライブラインは、極めて低コストの小型車両から、複雑なドライビングダイナミクスが要求される最も高度な性能を誇る高級車両に至るまで、広範囲に及ぶ自動車駆動系システムの開発、生産および供給を行っています。

GKN ドライブラインは、CVJ システム、AWD システム、トランスアクスルソリューションおよび eDrive システムなどを提供する卓越したグローバルサプライヤーです。23 か国で事業を展開し、57 拠点で約 22,000 名を雇用しています。

詳細については、以下までご連絡ください。

マーケティング コミュニケーションズのディレクター、Andrew Lytheer
電話:+44 1527 53 3434
Eメール:andrew.lytheer@gkn.com

媒体接触 - 米国、日本と韓国
クリスティーヌオルシェフスキー Shelly Otenbaker
電話:+1 248 554 3510
Eメール:sotenbaker@eisbrenner.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。