logo

OKI、ブラジルATM事業会社の営業開始

Tokyo, Jan 14, 2014 - ( JCN Newswire ) - OKIは、このたびブラジルのItautec S.A.- Grupo Itautec(以下、Itautec)からATM事業に関する株式取得を完了しました。OKIは、ItautecがATM事業を分社し設立した会社の70%相当の株式を取得し、本年1月10日より、OKIグループの新拠点「OKI Brasil S.A.」として営業を開始しました。

Itautecは、ブラジル国内のATM・CD市場においては、ITAUグループで中南米最大の民間銀行イタウ・ウニバンコを中心にシェア約30%をもつ第2位のATMベンダーです。ブラジルに本社と工場、3700箇所の保守網、アルゼンチン・メキシコなどに販売拠点を持ち、ATM・CDなどの自動化機器の設計・開発・製造および販売・保守サービス事業を展開してきました。

OKIは、昨年11月12日に発表した「中期経営計画2016」の経営戦略の一つとして、「グローバル市場での事業拡大」を掲げています。中でもATM事業においては、紙幣還流型ATMで中国をはじめ、ロシア、インドネシアでの導入実績があり、海外展開をさらに拡大し事業の成長を加速するため、今回のブラジルにおけるATM事業会社設立に至りました。

今後OKIは、Itautecの強力な顧客基盤と保守網を引き継ぐ新会社を足がかりに、ブラジルでのCD・ATMシェアトップを目指すとともに、中南米地域におけるATM事業の展開を図ります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
リンク

【会社概要】
(1)商号: OKI Brasil Industria e Comercio de Produtos e Tecnologia em Automacao S.A.
(2)代表者: 中野善之(平成26年3月就任予定)
(3)所在地: ブラジル連邦共和国サンパウロ州
(4)設立日: 平成26 年1月10日
(5)従業員数: 約4,000名
(6)主な事業内容: 自動化機器の設計・開発・製造および販売・保守
(7)事業年度の末日: 12月31日
(8)資本金: 約2億レアル(約90億円)
(9)出資比率:
沖電気工業株式会社 70%
Itautec S.A.- Grupo Itautec 30%

概要:沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 リンク

お問合せ先:
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI広報部 田中
電話: 03-3501-3835
e-mail: press@oki.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。