logo

マイクレル社、Adaptive Dead Time及びShoot-Through Protectionを搭載した新型85VハーフブリッジMOSFETドライバを発表

マイクレル・セミコンダクタ 2014年01月14日 11時35分
From JCN Newswire

このソリューションは電力効率最大化のためにデッドタイムを自動設定し、信頼性最大化のために交差伝導から保護

San Jose, CA, Jan 14, 2014 - ( JCN Newswire ) - 米アナログ、高帯域通信、イーサネットICソリューションの業界のリーダーである米国マイクレル・セミコンダクタ社の日本法人マイクレル・セミコンダクタ・ジャパン株式会社(以下:マイクレル社、横浜市西区みなとみらい 代表取締役社長:山本一博)は、Adaptive-Dead-TimeとShoot-Through Protectionを搭載した85VハーフブリッジMOSFETドライバのMIC4605を本日発表した。Adaptive-Dead-Time回路は、ハイサイドとローサイドのMOSFET移行時間を最短化するため、ハーフブリッジをアクティブにモニターし、電源効率を最大化する。Anti-Shoot-Through回路は、上下の両MOSFETを同時にオンにならないようにし、入力側ノイズを防止する。MIC4605はまた、システム効率最大化のために、5.5V~16Vの幅広い作動電源範囲を提供する。5.5Vの低電圧により、電池式機器の作動時間が延長される。これらの機能によりMIC4605は、電源ツールやDC/AC電力インバータなど、業界でもっとも要件の厳しいバッテリ式モーター機器に最適なソリューションとなっている。MIC4605は現在量産品の発注が可能で、価格はSOICパッケージオプションで1000個ロットでの単価が$0.55から。

「新しい政府規制により、高効率の需要は増大している。電動モーターは特に電力を消費するため、モーター設計者は効率と信頼性の高いソリューションを必要としている。」と、マイクレル社LPS(Linear and Power Solutions)部門マーケティング部長のBrian Hedayati氏は指摘した。「MIC4605は、モータードライブ、UPS、DC/ACインバータなどのさまざまな機器に対応するように設計された業界でもっとも堅牢で電力効率の高いハーフブリッジMOSFETドライバである。」

Adaptive-Dead-Time (ADT)回路は、ハーフブリッジスイッチ回路のMOSFETをアクティブにモニターして、一度にひとつのMOSFETしか道通できないようにし、ハーフブリッジ回路を恒久的に破壊する可能性のある貫通短絡状態の発生を防ぐ。ADT回路はまた、長時間のデッドタイムによる電力損失や電力効率の低下を最小化するため、ハイサイドとローサイドのMOSFETのON/OFF移行を可能な限り短時間に保つ。ADT回路により、貫通伝導を防ぐために必要だった、HIおよびLI入力間のデッドタイムマージンと遅延時間の設計が不要となり、マイクロコントローラの性能要件が軽減する。さらに、85Vの耐圧により、モータードライブや電源機器で起きるサージによる電圧急上昇からデバイスを保護する大幅なマージンが確保できる。これによりMIC4605は、低電圧から高電圧機器までの最適なソリューションとなっている。

MIC4605の特徴は、1nFの容量性負荷で高速な30nsの伝搬遅延時間と35nsのドライバ上昇/下降時間。MIC4605 -1は、TTL入力で、ローサイドとハイサイドのゲートドライバの独立した制御を提供している。MIC4605 -2には、ローサイドとハイサイドのゲートドライバへの単一PWM入力がある。出力はどちらのモードでもオーバーラップすることはない。内蔵された高電圧ショットキーダイオードによって、ハイサイドのゲートドライブ用ブートストラップ(外部)コンデンサを充電できる。MIC4605は、8ピンSOICパッケージと、小型10ピン2.5mm x 2.5mm TDFNパッケージで入手可能。両パッケージの接合部動作温度範囲は、-40度~+125度となっている。

新製品の画像データはこちらから入手可能。
リンク

製品詳細、データシートはこちらから入手可能(英文)。
リンク

マイクレル・セミコンダクタについて

マイクレル社はグローバルな半導体サプライヤーとして、アナログ、イーサネット、広帯域通信に使用されるICソリューションを世界市場に提供している。同社製品には最先端のミクスドシグナル製品、アナログ製品、パワー半導体、高性能通信用スイッチ、クロック管理スイッチ、イーサネット・スイッチおよびPHY製品がある。ユーザーにはエンタープライズ、民生、工業、モバイル、通信、自動車、コンピューター製品などの有力メーカーが含まれる。本社と最先端のウエハー製造設備は米国カリフォルニア州サンノゼにあり、米州、欧州、アジア全域に地域販売代理店とカスタマーサポートの拠点、先端テクノロジーのデザインセンターがある。さらにマイクレル社は世界に広範な流通販売網と代表事務所を保持している。詳しい情報は リンク から入手可能。

<お問い合わせ先>
マイクレル・セミコンダクタ・ジャパン株式会社
〒220-6014
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-1
クイーンズタワーA 14F
TEL: 045-224-6616
FAX: 045-224-6716
E-mail: info14@micrel.co.jp
ホームページ: リンク

概要:マイクレル・セミコンダクタ

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。