logo

Altairと韓国のLG Electronics(LGE)社が、落下試験シミュレーション自動システムの共同開発に成功

AltairとLG Electronicsがスマートフォンの落下試験シミュレーション時間を数週間から24時間未満に短縮

Altairは、新たなスマートフォン、タブレット、家電およびその他の消費家電製品の開発を大幅に加速すると同時に、耐久性に優れたより広範なデザインをエンジニアが作成できるようになることが期待される、電子機器業界における成果を発表しました。

Altairと韓国のLG Electronics(LGE)社は、シームレスに統合された落下試験シミュレーション自動システムの共同開発に成功しました。スマートフォンの落下試験シミュレーションは非常に重要な手順で、通常スマートフォン業界の会社では1~2週間かかりますが、このシステムを使用することにより、LGEのエンジニアは24時間以内に完了することができます。

Altair-LGEチームは、前処理用のHyperMesh、RADIOSSソルバー、HyperViewポストプロセッサ、および埋め込み型の自動化フレームワークを含むAltairのコンピュータ支援エンジニアリングツールパッケージHyperWorksを採用し、落下試験シミュレーションを実施するうえで、FEAモデリング、解析設定および後処理に関連した時間のかかる多くの手作業を自動化しました。

「AltairとLGEが落下試験シミュレーション自動化システムを共同開発したことにより、LGEは競争力が増し、より堅牢でバラエティに富んだ製品を迅速に市場に提供できるようになりました」と、AltairのGlobal Electronics and Consumer GoodsのSenior Directorを務めるMolly Heskittは述べています。「この自動化システムは、市場投入までの時間、イノベーションおよびコストという電子機器業界の大きな課題に対応します。このシステムを使用すると、製品開発時間が短縮され、開発および保証に関する費用が削減され、デザインにより時間をかけることができるため、より優れたスマートフォンを提供できるようになります」

エンジニアは、落下試験シミュレーション自動化システムによって空いた時間でデバイスのデザイン探究を深めることで、より堅牢で革新的なモデルを開発できるようになります。LGEは現在進行中のスマートフォンのデザインおよび計画にこの落下試験シミュレーション自動化システムを採用し、将来にすべてのスマートフォンで使用する予定です。またAltairの
OptiStructツールを採用してスマートフォンのデザインを最適化し、コスト効率と信頼性を向上します。

より多くの衝撃シナリオを利用して迅速に試験できるため、LGEは保証コストが削減されることを期待しています。これは、最適化されたスマートフォンは、落下からの損傷に対する耐性が優れているためです。

「スマートフォン業界の最大の課題の1つは、市場投入までの時間です。多くの会社は競争の激しい製品開発サイクルの中で、希望通りのデザイン数を検討する十分な時間がありません。落下試験シミュレーションには標準で7日から14日もかかります。Altairと協力することにより、当社は落下試験シミュレーションに必要な時間を1週間から数時間にまで短縮できました」と、LGEのResearch FellowであるY.H Lee氏は述べています。

Altairは、この自動化落下試験シミュレーションプロセスにより、他のタイプの家電製品のデザインにも同様の成果をもたらすことができると考えています。

用語解説

◆LG Electronicsについて
LG Electronics Inc.(KSE: 066570.KS)は、世界113ヶ所にオフィスを構え、87,000人の従業員を擁する、消費家電製品、携帯通信機器、および家庭電化製品のグローバルリーダーであり、またテクノロジーイノベーターでもあります。LGはホームエンターテイメント、モバイルコミュニケーション、家電、およびエアコンとエネルギーソリューションの4つの事業体で構成され、2012年の世界全体の売上高は452.2億ドル(50.96兆韓国ウォン)でした。また、LGはフラットパネル型TV、携帯機器、エアコン、洗濯機および冷蔵庫で世界をリードする企業です。LG Electronicsは2013 ENERGY STAR® Partner of the Yearを受賞しました。LG Electronicsのその他のニュースおよび詳細情報については、www.lg.comまたはwww.LGnewsroom.comを参照してください。

◆Altairについて
Altairは、ビジネスパフォーマンスの改善のために、設計、プロセス、意思決定を統合かつ最適化するシミュレーション技術の開発と様々な分野への適応に注力しています。
2000人を超える従業員を擁する非上場企業であるAltairは、米国ミシガン州トロイに本拠を置き、20ヵ国に40以上のオフィスを構えています。顧客は多種多様な業種にわたり、その数は5000社以上にも及んでいます。詳細については、www.altairjp.co.jpをご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事