logo

「KIRIN Hard Cidre(キリン ハードシードル)」を全国の主要都市で展開

キリンビール株式会社 2014年01月10日 15時00分
From Digital PR Platform


 キリンビール株式会社(社長 磯崎功典)は、昨年から首都圏の飲食店※1約400店舗で展開している「KIRIN Hard Cidre(キリン ハードシードル)」※2を、3月中旬以降、全国の主要都市のバル、ビアパブ、ダイニングバーを中心とした飲食店に拡大して展開します。目標店舗数は2000店です。
※1東京(都心部ほか一部地域)や横浜・川崎の繁華街、商業施設などにある、バル・パブ・ダイニングバー業態を中心に一部店舗で展開。
※2 りんごを発酵させてつくる醸造酒。発泡性のものが主流。

 近年、日本のアルコール市場では嗜好の多様化が進み、これまでにない新しいコンセプトのお酒に対するニーズや期待感が高まっています。また日本と同様に、お酒に対する嗜好が多様化している欧米市場では、パブやバーを中心に“ビール的なスタイルで飲む甘くないシードル”が広がりを見せており、欧州で最も販売量が多いイギリスのシードル市場では、ビール市場の5分の1程度にまで増加しています※3。
※3 英国歳入税関庁のデータによる。

 「キリン ハードシードル」は、飲食店でサーバーから注がれる爽快でハードなおいしさの新しいお酒で、従来の生ビールのような感覚で楽しめる、果実由来の芳醇な香りが特長の、食事に良く合う甘さ控えめの新シードルです。すでに展開している約400店舗での好評を受け、全国の主要都市に展開を拡大することで、今後も日本のアルコール市場の総需要拡大を図っていきます。

<「KIRIN Hard Cidre(キリンハードシードル)」展開拡大概要>

1.商品名      「KIRIN Hard Cidre(キリンハードシードル)」
2.展開地域      全国主要都市で展開
3.発売時期      3月中旬以降順次展開拡大
4.発売品種      15L(樽)
5.希望小売価格    オープン価格
6. 商品コンセプト 飲食店でサーバーから注がれる、爽快でハードなおいしさのスタイリッシュな新シードル
7.商品概要    
【原材料】 りんご果汁、糖類、酸味料、酸化防止剤(亜硫酸塩)      
【味覚】   りんご由来の芳醇な香りとフルーティな果実感がありながら、甘さを大幅に抑えて爽快感とキレの良さが感じられる味わい
【アルコール度数】 5%
【液色】      ビールと同様の液色
8. ターゲット 20~30代の男女      
9.製造工場      キリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所 
                                       以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。