logo

ワーキングマザーを対象にした3社共同調査

株式会社キッズベースキャンプ 2014年01月09日 14時19分
From Digital PR Platform


東京・神奈川で民間学童保育施設を20ヵ所運営する株式会社キッズベースキャンプ、働く女性への情報提供サイト「ワーキングマザースタイル」を運営する有限会社スタイルビズ、ワーキングマザーにこれまでの経験・専門性を生かせる仕事の紹介を行う株式会社Warisは、小学生の子どもを持つワーキングマザーを対象に、安倍政権が掲げる「女性の活用」や、「仕事と育児」をテーマにした調査を3社共同で実施しました。


【調査結果のポイント】(※全文はPDFをご覧下さい)

◆「女性の活用」に向けた直近の政策について、「賛成」、「どちらかというと賛成」が64.0%
最も支持が高いのは「待機児童を5年でゼロに」で、「賛成」、「どちらかというと賛成」が86.0%
「上場企業で役員に1人は女性を登用する」ことについても、66.0%が肯定的
一方、支持が低いのは「育休3年間の義務付け」で、「反対」、「どちらかというと反対」が67%

◆多くのワーキングマザーが仕事に対して高い意欲を持つ一方、育児のサポートが足りない面も
現在仕事をしている理由は「やりがいを感じているから」が最も多く、54.7%
ワーキングマザーの38.0%が課長・マネージャー以上の管理職を目指す
仕事と育児の両立に最も必要なサポートは「子どもを安心して預けられる施設の拡充」

◆子どもの世代に仕事と家庭を両立させることに対しては、性別を問わず前向きな回答
男の子が将来父親になったときに、育児休暇を取得することには86.0%が賛成
女の子が将来母親になったときに、仕事と家庭を両立することには96.0%が賛成


【調査概要】

調査方法:インターネット調査
調査地域:全国
調査対象:株式会社キッズベースキャンプ、有限会社スタイルビズ、株式会社Warisの3社いずれかのメールマガジンもしくはソーシャルメディアを購読しており、小学生の子どもを持つ有職者の女性
サンプル数:合計342人(20代:1人 / 30代:106人 / 40代:226人 / 50代以上:9人)
調査時期:2013年12月中旬

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。