logo

マーカーを用いず 色を基軸にしたAR技術を開発 東京オートサロン2014 Hondaブース内「N-BOX+ ELEMENT Concept」演出にて技術提供

株式会社スーパーソフトウエア 2014年01月09日 10時00分
From ValuePress!

従来のマーカーではなく「色」を基軸にしたAR技術を開発し、東京オートサロン2014 with NAPACのHonda出展ブース内のコンセプトモデル「N-BOX+ ELEMENT Concept」の演出にて、そのカラーをリアルタイムに変換して表示・撮影するシステムを提供いたしました。

株式会社スーパーソフトウエア東京オフィス(所在地:東京都渋谷区、代表:舩木 俊介/以下スーパーソフトウエア)は、従来のマーカーではなく「色」を基軸にしたAR技術を開発し、東京オートサロン2014 with NAPACのHonda出展ブース内のコンセプトモデル「N-BOX+ ELEMENT Concept」の演出にて、そのカラーをリアルタイムに変換して表示・撮影するシステムを提供いたしましたので、お知らせします。

 ARとは「拡張現実(=Augmented Reality)」のことで、現実の世界にコンピューターを用いて現実にはない情報を表示させる」ことです。従来は位置情報やQRコードなどのマーカーを用いて情報を表示させていましたが、今回スーパーソフトウエアは「色」を基軸にしたAR技術を開発し、提供いたしました。

今回の演出では、定点カメラで定期的に来場されたお客様とコンセプトモデルを一緒に撮影し、リアルタイムでカラーを変換させて、来場されたお客様とコンセプトモデルが一緒に撮影した画像をQRコード化しプレゼントする「ARカメラ」の企画を、AR技術を含むシステムとして提供しています。

今回提供した技術のうち、従来は難しかった、隣り合った同系色の色を判別し、ARに応用する技術(※)を開発。コンセプトモデルと同時に写る人物などを明確に分離、区別することができました。これにより、ボディカラーと同系色である肌の色であっても明確に分離・表示しながら、ボディカラーをリアルタイムに変換した上で、隣り合わせにスクリーン上に表示できるようにしています。(※特許出願中)


【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社スーパーソフトウエア
担当者名:味岡
TEL:03-6721-7105
Email:info@tokyo.supersoftware.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。