logo

◎FlatFrogが新たなゼロエアギャップのZGを公開

FlatFrog Laboratories AB 2014年01月08日 13時57分
From 共同通信PRワイヤー

◎FlatFrogが新たなゼロエアギャップのZGを公開

AsiaNet 55443
共同JBN 0028 (2014.1.8)

【ルンド(スウェーデン)2014年1月8日PRN=共同JBN】
今までなかったディスプレーを実現する最もシャープで鮮明なビューイング体験を伴う完璧なタッチ

Windows 8認定のイングラス光学マルチタッチ・システムの大手プロバイダーであるFlatFrog Laboratories AB(リンク)は8日、高精細(HD)品質ディスプレーを含むあらゆるディプレー向けに設計された最適ゼロエアギャップの新製品ZG(商標)タッチスクリーンを発表した。

 (Logo: リンク

FlatFrog最適タッチスクリーンは、1枚のカバーガラスにゼロエアギャップ技術を組み込み、完全なタッチおよびビューイング体験を伴う本物のエッジツーエッジ・デザインを実現している。この工業デザインはディスプレーとタッチモジュールとの距離を最小限に抑えることによって、薄さと軽さを向上させ、広角度でのタッチも含めタッチした際に生じるあらゆるパララックス問題を解消する。オプションの反射防止(AR)コーティングを施せば、光透過率は99%以上となり、カバーガラスやLCDパネルの高価な直接ボンディングを必要とせず、すべての乱反射を最小限に抑える。このようなタッチ対応スクリーンは今までなかった。

FlatFrog Touchは投影型静電容量タッチとは異なり、LCDスクリーンのビューイング体験を妨げるセンサーグリッドが一切ない。これによって、最大限の透明性とともにイメージ品質の低下がない優れたビューイング体験が保証される。さらにFlatFrog技術はLCDノイズに対してほとんど反応しないので、新たな費用が発生するシールドレイヤーを追加する必要がない。

最適タッチスクリーン・デザインはタブレット、コンピューター、モニター向けの高精細ディスプレーをはじめ、教育、会議、デジタルサイネージの利用で使用されるインタラクティブなフラットパネル・ディスプレーにとっても最適である。

FlatFrogのドワニ・ビアス最高経営責任者(CEO)は「最新のZG(商標)タッチスクリーン技術を搭載したFlatFrog Touchは、広範なビューイング角度からの優れたイメージ品質、カラー、輝度を備えるHD解像度ディスプレーを期待する顧客を満足させることができ、スクリーンの共有や読みやすさを向上させるには最適である。FlatFrog技術によって、OEMメーカーは適切なコストで素晴らしいビューイング体験を伴うタッチディスプレーへの投資を増額することができる」と語った。

ノートブック、タブレット、オールインワンPC、モニターなどでFlatFrog Touchを搭載した一連の大量生産PC製品がすでに実現している。FlatFrog TouchはWindows 8.1に認定され、主力となっている投影型静電容量タッチ技術よりも低コストで、40の同時タッチをサポートする優れたタッチ体験を提供する。

さらにFlatFrog Touchは約10ビットの分解能で圧力感知をネーティブ・サポートする。FlatFrog Touchではアクティブスタイラス・ペンなしで、感圧で絵や字を書くことができ(デモビデオリンク)、されに音楽、ゲーム、スマートユーザー・インターフェース向けの新しいアプリケーション・ジェスチャーも可能にする。

FlatFrogは1月7日から10日までラスベガスで開催されるCESでZG(商標)タッチスクリーン技術を実演する。

▽FlatFrog Laboratories ABについて
FlatFrogは特許を得たイングラス・タッチ技術でタッチ業界を革命的に変化させている。これはスムーズで正確なタッチ性能を提供し、ベズルのないデザインでユニークな感圧の同時40タッチをサポートする。FlatFrogは大量生産用に設計され、オールインワンPC、ノートブック、タブレットなどの大量生産製品に組み込むように設計されている。FlatFrog Laboratories ABの本社はスウェーデンのルンドにある。詳しい情報はリンクへ。

ソース:FlatFrog Laboratories AB

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事