logo

◎FLIR, 急成長中のObjectVideoの特許権取得者ベースに参画

ObjectVideo 2014年01月08日 10時30分
From 共同通信PRワイヤー

◎FLIR, 急成長中のObjectVideoの特許権取得者ベースに参画

AsiaNet 55408
共同JBN 0007 (2014.1.8)

【レストン(米バージニア州)2014年1月7日PRN=共同JBN】ObjectVideo, Incは7日、感熱赤外線カメラの世界リーダーであるFLIR Systems, Inc(ナスダック:FLIR)との世界的な非独占的有償特許ライセンス契約に調印したと発表した。この契約はFLIRに開発の柔軟性を提供し、同社のFSMプロ・ソフトウエアやFLIRの子会社Traficonが提供する広範な交通、安全、コントロール製品のようなFLIRのインテリジェント・ビデオ・ソリューションを配備している顧客に保護を提供する。

(ロゴ:  リンク

ObjectVideoのクリス・キャプアノ法務責任者は「FLIRはセンサー・システム、特に感熱画像、脅威感知システム、それにいまでは交通ソリューションの設計、製造、マーケティングで広く認められている世界リーダーの1つである。FLIRにわが社の知的財産を提供するのはうれしいことであり、これはFLIRとその顧客が新しい、市場をリードするインテリジェントな感熱、交通管理製品を開発するのを助けるだろう」と語っている。

FLIRはObjectVideoの17番目の特許ライセンス契約先である。そのほかにはパナソニック、ソニー、Pelco、ボッシュ、Tyco/American Dynamics、Vivotek、UDP、Agent Vi、VideoIQ、IntelliVision、ViDiCore、Aimetis、3VR、InStore Logicが含まれている。ObjectVideoはビデオ解析の分野で55件の米国、国際特許を持っており、申請中の米国、国際特許は約40件に上る。

▽ObjectVideo,Inc.について
ObjectVideoはインテリジェント・ビデオ・ソリューションの有力なイノベーターで、特許を得たビデオ解析技術を持ち、この技術はライセンス供与されて世界のIPビデオ製造会社が配備している。ObjectVideoは消費者のインテリジェント・タグ付け、マシンラーニング、モバイル・ビデオ・インテリジェンスを含むコマーシャル・ビデオ分野での研究、開発によって、インテリジェント・ビデオの科学技術を前進させ続けている。ObjectVideoについての最新ニュースは(リンク)へ。

▽メディア問い合わせ先
For ObjectVideo
Anna Jensen;
+1-202-263-5864;
ajensen@objectvideo.com

ソース:ObjectVideo

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。