logo

有効画素数2416万画素、本格的な撮影を手軽に楽しめる「ニコン D3300」、小型軽量化を実現した標準ズームレンズ「AF-S DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G VRII」を発売

株式会社ニコンイメージングジャパン 2014年01月07日 11時40分
From Digital PR Platform


株式会社ニコン(社長:木村 眞琴、東京都千代田区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代 厚司、東京都港区)は、ニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラのエントリーモデル「ニコン D3300」を発売します。
また、ニコン一眼レフカメラ用レンズとして「沈胴機構」を初めて採用し、さらに小型化した焦点距離18-55mm標準ズームレンズ「AF-S DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G VRII」も発売します。

●「D3300」発売概要
商品名 ニコンデジタル一眼レフカメラ「D3300」
価格 オープンプライス
発売時期 2014年2月予定
予定生産台数 当初月産 約 12万台
カラー ブラック、レッド
※ボディー単体はブラックのみの発売になります。

なお、「D3300」とレンズを組み合わせた以下のキットも同時発売します。

●D3300 18-55 VRIIレンズキット オープンプライス  2014年2月発売予定
AF-S DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G VRII付き
ボディーカラー:ブラック、レッド

●D3300 ダブルズームキット オープンプライス  2014年2月発売予定
AF-S DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G VRII、AF-S DX VR Zoom-Nikkor 55-200mm f/4-5.6G IF-ED付き
ボディーカラー:ブラック、レッド

●「AF-S DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G VRII」発売概要
商品名 「AF-S DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G VRII」
希望小売価格 35,000円(税別)
発売時期 2014年2月予定

「D3300」は、有効画素数2416万画素、光学ローパスフィルターレス仕様のニコンDXフォーマットCMOSセンサー、高速処理と高感度域での高画質を実現する新画像処理エンジン「EXPEED 4」を採用したエントリーモデルです。連続撮影最高約5コマ/秒※、約0.85倍の光学ファインダー、60pのフルHD動画などの高い基本性能を搭載し、動く被写体や決定的瞬間を快適に撮影することができます。

液晶モニターに表示されるガイドに従って操作するだけでイメージ通りの写真を撮ることができる「ガイドモード」の改良、そのほか、設定変更したい機能にすぐアクセスできる「i <アイ>ボタン」を新搭載するなど操作性も高めており、簡単操作で撮影者の意図を反映した撮影が可能です。

さらに、「D3300」には、静止画、動画にかかわらず、撮影時に液晶モニター上でリアルタイムに確認しながらカメラ本体で演出効果を選択、設定できる「スペシャルエフェクトモード」、撮影後に画像を加工できる「画像編集機能」を備え、クリエイティブな作品づくりを楽しめます。

「D3300」は、ボディーに炭素繊維を用いた新素材を採用し、カバー構成は箱型の一体的な構造体となるモノコック構造にしています。それにより、高強度と小型軽量化による優れた携行性の両立を実現しました。なお、ニコンは独自の技術により、デジタル一眼レフカメラ「D5300」(2013年11月発売)において、炭素繊維の新素材を用いて、カメラボディとしては初めてモノコック構造を実現しました。

※フォーカスモードがマニュアルフォーカスで、撮影モードがS(シャッター優先オート)またはM(マニュアル)、1/250秒以上の高速シャッタースピード、その他が初期設定時。


●「D3300」の主な特長
1.高画質・高感度撮影を実現する有効画素数2416万画素、光学ローパスフィルターレス仕様DXフォーマットCMOSセンサーと新画像処理エンジン「EXPEED 4」
有効画素数2416万画素。光学ローパスフィルターレス仕様のDXフォーマットCMOSセンサーを採用し、NIKKORレンズの高い解像力を最大限いかした撮影が可能です。また、処理能力がさらに高速化した新画像処理エンジン「EXPEED 4」により、高感度域の画質、ノイズリダクション(NR)が大幅に向上しています。常用撮像感度域はISO 100~12800で、最大ISO 25600相当(Hi1)までの増感設定ができ、幅広い感度域でノイズを抑えた高精細な画像の撮影が可能です。

2.決定的瞬間の撮影を実現する高い基本性能
・約5コマ/秒※の高速連続撮影機能
画像処理エンジン「EXPEED 4」の高速処理により、連続撮影速度を最高約5コマ/秒(※)に向上させ、JPEG(画像サイズ:L、画質モード:FINE)で最大100コマの連続撮影が可能です。運動会での撮影など、動きの速い被写体でも、撮りたい瞬間を逃さず捉えることができます。
※フォーカスモードがマニュアルフォーカス、露出モードがS(シャッター優先オート)またはM(マニュアル)、1/250秒以上の高速シャッタースピード、その他が初期設定時。

・約0.85倍の高倍率光学ファインダー
約95%の高視野率、約0.85倍の高倍率光学ファインダーを搭載しています。フレーミングがしやすいうえ、ファインダー内の情報表示や視覚的要素も把握しやすくなっています。

3.静止画、動画の楽しさを広げる多彩な「スペシャルエフェクトモード」と「画像編集メニュー」
「D3300」には、静止画、動画にかかわらず、撮影時に液晶モニター上でリアルタイムに確認しながらカメラ本体で演出効果を選択、設定できる「スペシャルエフェクトモード」を搭載。また、撮影後でも画像を自在に加工できる「画像編集機能」も採用しています。絵画や漫画、映画のワンシーンのような演出効果を手軽に楽しめ、オリジナリティ溢れる世界を表現したいというユーザーの創作意欲に応えます。

スペシャルエフェクトモード(全13種類):「セレクトカラー」「カラースケッチ」「ミニチュア効果」「ナイトビジョン」「シルエット」「ハイキー」「ローキー」「トイカメラ風」「HDRペインティング※」「極彩色」「ポップ」「フォトイラスト」「かんたんパノラマ※」
※「HDRペインティング」、「かんたんパノラマ」は動画非対応。静止画撮影時のリアルタイム表示は不可。

画像編集メニュー(全20種類):「D-ライティング(人物優先)」「赤目補正」「トリミング」「モノトーン」「フィルター効果」「カラーカスタマイズ」「画像合成」「RAW現像」「リサイズ」「簡単レタッチ」「傾き補正」「ゆがみ補正」「魚眼効果」「塗り絵」「カラースケッチ」「アオリ効果」「ミニチュア効果」「セレクトカラー」「フォトイラスト」「動画編集」

4.快適な撮影を支える操作性
・簡単操作でイメージに合わせた撮影ができる「ガイドモード」
「ガイドモード」を選択し、液晶モニターに表示されるガイドに従って操作するだけで、状況や被写体に合わせてイメージ通りの撮影ができます。設定の効果が事前に画像と説明文で表示されるので、撮影後の画像をより明確にイメージできます。一眼レフカメラを初めて使われる方でも、撮影から画像再生、編集、各種設定など、簡単に操作ができます。

・すぐに、その場で設定変更したい機能にアクセスできる「 i <アイ>ボタン」
ファインダー撮影時、ライブビュー撮影時、再生時に、それぞれのシーンで便利な機能に簡単にアクセスできる「 i <アイ>ボタン」を液晶モニターの左下に設置しました。状況に応じて、必要な機能の設定がダイレクトに行えます。

5.炭素繊維を用いた新素材とモノコック構造が実現した高強度・小型軽量ボディー
炭素繊維を用いた新素材は、アルミニウムやマグネシウムに匹敵する強度、剛性を持っています。この新素材を使い、モノコック構造化することで、ボディーの強度を高めると同時に、ボディー内部の構造の見直しによる小型軽量化も実現しています。
同時発売の、沈胴式のキットレンズ「AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRII」を装着した状態で、幅約124mm、高さ約98mm、奥行き約126mm(ボディー本体のみは75.5mm)、質量は655g※(ボディー本体のみは460g※)という軽量・コンパクトサイズを実現。持ちやすいグリップの採用で、撮影時の安定感を保ちながらも、気軽に持ち歩ける大きさになっています。
※バッテリー本体およびSDメモリーカードを含む、レンズキャップを除く。

6.1920×1080:60p対応のフルHD動画撮影機能「Dムービー」
1920×1080:60p対応により、さらに滑らかな動画撮影が可能になった「Dムービー」を搭載しています。画像処理エンジン「EXPEED 4」により、高感度ノイズを一層抑えた映像を提供します。シャッタースピードとISO感度を自分好みに選べるマニュアル設定も可能です。さまざまなNIKKORレンズの特性をいかせる、デジタル一眼レフカメラならではの印象的な動画が撮影できます。

7.スマートデバイスとの連携対応でワイヤレス転送、リモート撮影が可能※
ワイヤレスモバイルアダプター「WU-1a」(別売)を装着することで、「D3300」で撮影した画像をスマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスにワイヤレス転送することが可能です。転送時に画像サイズを、スマートデバイスのメモリー容量や用途に合わせて選択できます。また、撮影時にスマートデバイスの画面上で被写体を確認しながらのリモート撮影もできます(動画非対応)。スマートデバイスとの連携により、撮影・再生・共有の新たな楽しみが広がります。
※事前にスマートデバイスに「Wireless Mobile Utility」(各スマートデバイスのアプリストアから無料でダウンロードが可能)をインストールする必要があります。


●「AF-S DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G VRII」の主な特長
「AF-S DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G VRII」は、使用していない時にレンズがコンパクトに収まる「沈胴機構」をニコン一眼レフカメラ用レンズとして初めて採用し、従来品との体積比で約30%減(沈胴時)の小型化を達成しました。また、機構設計の見直しによる軽量化、新規光学設計による光学性能の向上、最短撮影距離の短縮化などを実現しています。

・高い光学性能を備えた、広角域から中望遠域までの画角範囲をカバーする、焦点距離18-55mm(FXフォーマット・35mm判換算で27-82.5mm相当の撮影画角)のニコンDXフォーマット対応標準ズームレンズ
・沈胴機構採用により、小型化を実現
・手ブレ補正機構搭載により、手ブレ補正効果4.0段分の補正効果発揮
・最短撮影距離0.25m(マニュアルフォーカス時)までの近接撮影が可能


※「D3300」「AF-S DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G VR II」の主な仕様はニュースリリースをご覧ください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。