logo

資生堂 宣伝制作部の活動を紹介するウェブサイト、「こちら、銀座 資生堂 センデン部」にて、プロダクトデザインへ込めた想いと未来のビジョンについて語る、「ハナシ」を公開

株式会社資生堂 2014年01月07日 09時00分
From PR TIMES



資生堂は、多様なクリエイティブを手がける宣伝制作部の活動を紹介する公式ウェブサイト、「こちら、銀座 資生堂 センデン部(*)」の対談コンテンツ《ハナシ》において、第4回「人とモノの美しいつながり」を公開しました。
《ハナシ》は、資生堂のクリエイターが、各業界で活躍されている方々をゲストにお迎えして「美」を語る対談です。第4回となる今回は、宣伝制作部アートディレクター駒井麻郎(こまいまお)が、田川欣哉氏(デザインエンジニア、takram design engineering代表)をゲストに迎えて、プロダクトデザインへ込めた思いやプロダクトの未来へのビジョンについて語っています。
リンク


※「こちら、銀座 資生堂 センデン部」では、テレビや雑誌の広告、パッケージ、お店の空間デザインや、ウェブサイトまで、資生堂の様々な「美」が、世の中に生まれるまでの作り手の想いやストーリーを紹介しています。同サイト内のコンテンツ《サクヒン》では、資生堂のクリエーターが手がけたパッケージ、リーフレット、広告、ウィンドーディスプレーなどのクリエイティブから毎月数点ピックアップして、制作ストーリーをご紹介しています。


【田川欣哉(たがわ きんや)プロフィール】
デザインエンジニア。takram design engineering代表。
1999年東京大学工学部機械情報工学科卒業。2001年英国ロイヤル・カレッジ・オブ・アート修士課程修了。2006年にtakram design engineeringを共同設立。デザインとエンジニアリングを融合した新しい製品開発手法を実践している。主な作品に、親指入力機器「tagtype」、レーザードローイングツール「Afterglow」、NTT ドコモ「iコンシェル」「iウィジェット」のユーザーインターフェースデザインなどがある。2007年Microsoft Innovation Award 最優秀賞、独red dot design award: product design 2009受賞。「tagtype」はニューヨーク近代美術館の永久収蔵品に選定された。
▼takram design engineering  リンク

【駒井麻郎(こまい まお)プロフィール】
資生堂宣伝制作部アートディレクター。2001年多摩美術大学デザイン科卒業。同年資生堂入社。
ウーノ、アネッサなどのパッケージデザインを手がけ、現在は、グローバルブランド「SHISEIDO」、クレ・ド・ポー ボーテのパッケージデザインを担当する。


【資生堂宣伝制作部】
1916年に意匠部(現在の宣伝制作部)を設立。以来、いわば「資生堂スタイル」ともいうべき独自の美意識を脈々と受け継ぎながら、時代の一歩先を行く革新性で、日本の宣伝広告・デザインをリードしてきました。現在、宣伝制作部には、100人近いクリエイターが所属。グラフィックデザイナー、CMプランナー、コピーライターなどの広告制作を手がけるクリエイターだけでなく、商品をデザインするパッケージデザイナー、お客さまとの出会いの空間をデザインするスペースデザイナーのほかフォトグラファーなど、プロの専門家集団が資生堂の表現を創っています。


▼ 「こちら、銀座 資生堂 センデン部」
リンク

▼ 資生堂グループ企業情報サイト
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事