logo

『住宅購入・建築検討者』の実態調査(2013年度)

株式会社リクルート住まいカンパニー 2014年01月06日 12時01分
From Digital PR Platform


株式会社リクルート住まいカンパニー(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:野口 孝広)は、このたび「『住宅購入・建築検討者』調査」を行いました。この調査は、住宅の購入・建築を検討している人を対象に、検討にあたっての予算や頭金の状況、検討する物件の種別、検討にあたって重視する条件などを把握することを目的に、2012年度より実施しております。このたび、2013年度調査の結果を取りまとめましたので、概要をご報告致します。


――――――――――――
■調査トピックス 
――――――――――――

●購入・建築予算上限は平均3803.2万円。昨年より40.4万円アップした
・エリア別では首都圏が4178.5万円でトップだった。
・検討住宅タイプ別では新築分譲マンション検討者が4167.2万円でトップだった。

●頭金は平均1403.1万円。昨年より51.1万円アップした
・「援助してもらえると思う」と答えた人の平均額は1516.4万円で「援助してもらえないと思う」と答えた人の頭金平均額1323.1万円より193.3万円高かった。

●「親や親族から援助してもらえると思う」と答えた人は41.4%
・「援助してもらえると思う」回答者は、昨年より4.8ポイント上昇した。
・援助してほしい金額は836.8万円で、昨年より5.3万円ダウンした。

●検討理由は「子どもや家族のため、家を持ちたいと思ったから」が1位
・住みかえを検討している理由は「子どもや家族のため、家を持ちたいと思ったから」が31.6%で1位。次いで「もっと住宅の仕様が良い家に住みたかったから」(24.7%)、「持ち家のほうが自由に使えて気兼ねがないから」(20.0%)であった。

●検討している住宅タイプは「注文住宅」が51.6%だった
・検討している住宅タイプは「注文住宅」が51.6%、「新築分譲マンションの購入」が38.9%、 「新築分譲一戸建ての購入」が28.6%であった。

●住みかえで重視する条件は「価格」「耐震性能」「日当たり」の順
・エリア別に見ると、東海では「耐震性能」が81.9%で、全体より7.1ポイント高かった。

●仕様や設備の希望としては「住宅が地震に強い」が68.7%でトップだった
・仕様や設備への希望は、全体的に昨年よりも低い傾向であった。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事