logo

鹿児島県薩摩大使のAKB48柏木由紀さんがAR(拡張現実)アプリ「みるかご」で鹿児島の魅力を発信!

鹿児島県 2014年01月05日 12時00分
From 共同通信PRワイヤー

2014年1月5日

鹿児島県 観光交流局 かごしまPR課

鹿児島県薩摩大使のAKB48柏木由紀さんがAR(拡張現実)アプリ「みるかご」で鹿児島の魅力を発信!

鹿児島県(伊藤 裕一郎 知事)は、「本物。鹿児島県」の多彩な魅力をアピールし,県内外からの誘客を促進するため,鹿児島県出身で薩摩大使であるAKB48柏木由紀さんの紹介によるAR(拡張現実)技術を活用した鹿児島の魅力発見ARアプリ「みるかご」の配信を開始します。
 「みるかご」は(リンク)、柏木由紀さんが県内6つエリア((1)中薩摩,(2)南薩摩,(3)北薩摩,(4)霧島・姶良,(5)大隅,(6)種子島・屋久島・三島・トカラ列島・奄美)の自然,温泉,食などの多彩な魅力をそれぞれ紹介するスペシャルムービーが再生されるものです。
   * Augmented Reality。スマホなどの端末を用いることにより,ポスターの写真から動画や音声を楽しめる技術です。
 また「みるかご」は,GPS機能を搭載しているため,それぞれのエリアに行き撮影しないと当ムービーは見ることはできません。県外では,柏木由紀さんが“是非鹿児島を訪れポスターを探して撮影して”と呼びかける「みるかご」紹介ムービーを配信します。

ARは鹿児島県の観光ポスターは「本物。鹿児島県」が入っている柏木由紀さんが出演する2種類のポスターどちらを撮影しても起動します。

ぜひ鹿児島へお越しいただき柏木さんの6つのスペシャルムービーを御覧ください。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。