logo

DVIインターフェースのPCにリモートアクセス機能を付加できる新製品CN8600を発売

~デュアルNIC・デュアル電源・バーチャルメディア対応のハードウェアリモートアクセスソリューション~

ATEN (エイテン)ジャパン株式会社は、DVIインターフェースを搭載したパソコンやアナログKVMスイッチにリモートアクセス機能を付加できる、1ポートDVI KVM over IPの新製品「CN8600」を発売した。
弊社では、これまでにVGAインターフェース搭載のパソコンへのリモートアクセスを可能にする「CN8000」という製品を販売しておりましたが、本製品は、そのDVI版として位置づけられる製品です。CN8000での開発ノウハウをベースに、強化された操作性と洗練されたユーザーインターフェースで、快適なリモート操作環境を提供します。

主な追加機能とメリット


1.DVIインターフェースのパソコンやアナログKVMスイッチにリモートアクセス機能を付加 フルHD対応
DVIインターフェースを搭載したパソコンやアナログKVMスイッチに接続するだけで、その機器へのリモートアクセスが可能になります。ハードウェアベースのソリューションですので、BIOSレベルからリモートアクセスすることができます。解像度はローカル・リモートともに、1920×1080のフルHD出力が可能です。


2.バーチャルメディア機能搭載
リモート側のコンピューターに接続されたUSBフラッシュメモリ、DVD、CD-ROM等のメディアを製品配下のコンピューターにマウントすることができます。インストールやファイル転送も自席から可能になるため、遠隔から作業を効率的に進めることができます。


3.デュアルNIC/デュアル電源対応
電源ジャックとネットワークインターフェースを各2ポート搭載。電源とネットワークの二重化によって、障害による作業中断のリスクを減らし、シームレスに操作できる環境を確保します。
※デュアル電源を有効にするには、別売りの電源アダプターを追加でご購入いただく必要があります。


4.本体にUSB接続されたノートPCから配下のコンピューターを操作できる「ラップトップUSBコンソール機能」搭載
バーチャルメディア用のミニUSBポートは、DIPスイッチの切替でラップトップUSBコンソールポートとして使用することもできます。付属のUSBケーブルでノートPCを接続すると、このノートPCから専用ソフトウェア経由で製品のGUIメニューにアクセスすることができます。

5. 操作コンソールの優先権が設定できる「コンソールロック機能」搭載
本製品に接続されたコンピューターには、ローカル、リモート、USB VNCの各コンソールからそれぞれアクセスできますが、どのコンソールからの操作を優先するかは、設定で変更することができます。これによって、複数の場所から予期せぬ同時アクセスがあった場合でも、ユーザー操作の競合を回避することができ、安全です。


製品型番 製品名                   標準価格
CN8600 DVI対応1ポートKVM over IP  128,000円

このプレスリリースの付帯情報

CN8600 外観

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

ATENとは
ATENはコネクティビティおよび管理ソリューションのプロフェッショナルとして、ワールドワイドにビジネスを展開している企業です。1979年に台湾で設立されて以来、北米、欧州、アジア各国に拠点を増やし、KVMスイッチ市場では世界的なリーディングカンパニーとしても知られています。
SOHO/SMB向けKVMソリューションである「ATEN」やエンタープライズ向けサーバー管理ソリューションである「ALTUSEN」シリーズ、また、これらの製品開発で培ってきた技術や経験を生かして、近年ではプロフェッショナル向けA/Vソリューション「VanCryst」シリーズやグリーンエネルギーソリューション「NRGence」も展開し、多様化する市場のニーズに応えます。


ATENジャパンとは
ATENジャパン株式会社は、ATENの日本法人として2004年に設立され、日本におけるATEN製品の広告宣伝、販売、アフターサポートを担当しています。ユーザーニーズにあったサービスを提供することで、日本におけるKVMスイッチやビデオ製品、電源関連製品の更なる市場拡大を目指します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。