logo

「がん保険ビリーブ」の入院給付金日額取り扱い変更のお知らせ

オリックス生命保険株式会社 2013年12月24日 15時19分
From Digital PR Platform


オリックス生命保険株式会社(本社:東京都港区、会長兼社長:水盛 五実)は、2014年2月1日より、全販売チャネルにおいて、50歳から75歳の方が「がん保険ビリーブ」に加入される場合の最低入院給付金日額を引下げ、5,000円からの取り扱いを開始します。

保険料は年齢とともに上がるため、年齢によっては保障内容と保険料のバランスがあわず、ご希望に応えることができないことがありました。このたび、最低入院給付金日額を10,000円から5,000円に引き下げることで、よりお客さまのがん保障ニーズにお応えすることができるようになります。

なお、保障プランの見直しにともない、通信販売チャネルにおける「がん保険ビリーブ」の入院給付金日額10,000円超のプランは、2014年1月31日をもって取り扱いを終了します。


*入院給付金日額とは、基本給付金額のことで、同額となります。

▼詳細は、こちらをご覧ください。▼
リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事