logo

◎CD-adapcoのSTARアジア会議の参加者数が新記録を達成

CD-adapco 2013年12月20日 15時03分
From 共同通信PRワイヤー

◎CD-adapcoのSTARアジア会議の参加者数が新記録を達成

AsiaNet 55369
共同JBN 1535 (2013.12.20)

【ニューヨーク、ロンドン2013年12月20日PRN=共同JBN】
*CD-adapcoは2014年にオーストラリア・ウィーンでSTAR Global Conferenceを開催する。

コンピューター援用エンジニアリング・ソフトウエアのCFD専門プロバイダーである株式非公開企業CD-adapcoは、STARアジア会議を成功裏に終了した。この地域会議は日本、中国、韓国、マレーシア、インドで開催され、各会議には記録的な数の出席者が集まった。アジア全域から1200人以上のエンジニアが訪れ、会議に参加した。

 (Logo: リンク

STAR中国会議は一連の地域会議に加わった最新イベントである。CD-adapcoは、イベント開催のほんの数カ月前に上海にオフィスを開設し、300人の出席者を素早くサポートできたことをうれしく思う。CD-adapcoのエグゼクティブバイスプレジデントのビル・クラーク氏は「STAR地域会議がことし成功したのは、当社が世界のシミュレーション・コミュニティーに現在貢献していることを裏付けている。会議には主要な業界すべての大手企業が出席し、講演した。当社は揺るぎない国際的な顧客層を構築するだけでなく、このイベントで世界中に広がった当社の顧客との交流を図っている」と語った。

2014年のCD-adapco会議シーズンは、オーストリアのウィーンで開催されるSTAR Global Conference 2014で始まる。このイベントは世界中の出席者が集まる同社の世界規模の会議である。この参加者限定の3日間のイベント(www.star-global-conference.com)は2014年3月17-19日に開催される。

今年のイベント・テーマは「Simulating Systems(シミュレーティング・システム)」で、基調プレゼンテーション、120以上の業界プレゼンテーション、36の業界別セッション、技術デモンストレーション、すべての参加者向けに丸1日の無料トレーニングが開催された。CD-adapcoは世界中から150以上の要約を受け付けた。会議議題に2つのセッションが追加され、参加者はあらゆる分野を含むエンジニアリングシミュレーション・セッションの中から参加セッションを選択することができた。最終的な議題記録は2014年初めに発表される。

さらに、STAR Global Conference 2014ではCD-adapcoの主力エンジニアリング・ソフトウエアツールの最新バージョンとなるSTAR-CCM+(登録商標)v9が正式発表される。

STAR Global Conferenceに関する最新情報はウェブサイトリンクを参照。

▽報道関係問い合わせ先
Lauren Gautier, CD-adapco
lauren.gautier@cd-adapco.com
+1 248 697 2900

ソース:CD-adapco

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事