logo

◎ACEIが中米、カリブの電力開発、投資でBMR Energy設立

American Capital Energy & Infrastructure 2013年12月19日 14時01分
From 共同通信PRワイヤー

◎ACEIが中米、カリブの電力開発、投資でBMR Energy設立

AsiaNet 55357
共同JBN 1530 (2013.12.19)

【アナポリス(米メリーランド州)2013年12月19日PRN=共同JBN】American Capital Energy & Infrastructure(以下ACEI)は19日、ベテラン経営チームと提携して中米、カリブ諸国の電力および関連するエネルギー・インフラストラクチャーの開発、投資に注力する新しいエネルギー会社BMR Energy LLC (以下BMR)を創設したと発表した。

BMR経営チームは最高経営責任者(CEO)に就任したブルース・レビー(Bruce Levy)氏に率いられ、世界的なエネルギー開発プロジェクト、買収、事業に60年余りの集約的経験を持っている。レビー氏は過去30年に米国と海外のエネルギー部門で数々の経営上の重職についており、ごく最近はInternational Power North America(現在はGDF SUEZ Energy International)の社長兼CEOだった。レビー氏はアンドルー・ロビト(Andrew Rovito)、ピップ・デッカー(Pip Decker)両氏に補佐される。ロビト氏は世界的なエネルギー開発プロジェクト開発と財務に大きな経験があり、最近まで米国における化石燃料開発の独立系電力開発プロジェクトデベロッパーであるDevelopment Partners Groupを共同で創設に当たった。デッカー氏は再生可能エネルギー産業にかかわり、米国での風力および太陽光発電施設の開発、建設、事業に注力し、BMRの前まではBrookfield Renewable Powerのプロジェクト開発に専念した。

ACEI共同創業者のポール・ハンラハンCEOは「われわれはこの新しいプラットフォーム構築にレビー、ロビト、デッカー3氏と提携することに興奮している。レビー氏は知識豊富で功績のある国際的経営者であり、強力なエネルギー基盤開発と事業上の経験を持って優れたチームを率いる。この提携によってACEIは、カリブと中米に事業を広げて、地域で高まるエネルギー需要に貢献するため、競争力あり環境保護に責任のある電力および関連エネルギー基盤を開発する」と語った。

BMRの最初のプロジェクトは、ジャマイカ・セントエリザベスのモルバーンに34MWの風力発電を開発することである。ジャマイカの電力規制管理局は2013年9月、2015年操業予定の風力発電の建設、所有、事業のためBMRを選択した。

ハンラハンCEOは「ジャマイカだけでなくカリブ諸国や中米には、多額の資金を要する石油火力発電所に代わって再生可能エネルギーや効率的化石燃料発電、ガス基盤に大きなチャンスがある。ジャマイカはほとんどすべての電力がディーゼルと重油から製造されており、国家のエネルギー需要を満たすため比較的高価な石油の輸入に依存している。再生可能エネルギーやその他エネルギー基盤は、電力コストを著しく削減するとともにジャマイカの環境も改善する」と付言した。

BMWのレビーCEOは「ACEIの事業、開発上の深い知識は、業界内の強力な世界的ネットワークと財務能力と相まって、BMWとジャマイカにおける初のプロジェクトに大きな付加価値を付ける。当社が開発するジャマイカの風力発電による電力は、同国で得られる電力の中で最も安価である。われわれは風力、太陽光、化石燃料による同様のエネルギー開発プロジェクトの機会を探り、当社の技術開発専門技術とその財務能力が同地域の政府とエネルギー利用者に新たな選択肢を与えることを期待している。われわれはこの取り組みに参加できることを楽しみにしている」と語った。

▽AMERICAN CAPITAL ENERGY & INFRASTRUCTUREについて
American Capital Energy & Infrastructureは発電施設、給配電、送電ネットワーク、エネルギー輸送資産、燃料生産機会、電力・エネルギー業界の製造・サービス企業を含めた世界のエネルギーインフラ・アセットに投資している。ACEIはAmerican Capital, Ltd.(Nasdaq: ACAS)(American Capital)のアセットマネジメント関連企業であるAmerican Capital Asset Management, LLC.の1部門である。詳細はwww.ACEI.comを参照。

▽AMERICAN CAPITALについて
American Capitalはグローバル資産運用を業務とする上場企業である。直接もしくは資産運用事業を通じて、ミドルマーケットの未公開株式、レバレッジドファイナンス、不動産、エネルギー、インフラストラクチャー、ストラクチャードプロダクトに対する投資の創出、引き受け、管理を行っている。American Capitalはバランスシート上の資産、関連会社が管理している手数料収入対象の資産を含めて、総額200億ドルを管理し、管理下にある資産総額は1170億ドル(レバレッジドアセットを含む)に達する。American Capitalは関連会社を通じて、上場企業で純時価総額約100億ドルのAmerican Capital Agency Corp.(Nasdaq: AGNC)、純時価総額約10億ドルのAmerican Capital Mortgage Investment Corp.(Nasdaq: MTGE)を経営している。American Capitalとその子会社European Capitalは米欧8カ所にオフィスを置き、1件当たり1000万ドルから7億5000万ドル規模の投資の機会を探っている。詳細はwww.americancapital.comを参照。

▽BMR ENERGYについて
BMR Energyはニューヨークに本社があり、カリブ諸国と中米の電力およびエネルギー関連資産の取得、開発、所有、事業に注力している。BMW経営チームは60年以上の国際的なエネルギー基盤開発と事業経験を持ち込む。

▽問い合わせ先
(443) 214-7070
Paul Hanrahan, Chief Executive Officer
Richard Santoroski, Managing Director
Rajeev Garside, Vice President

ソース:American Capital Energy & Infrastructure

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。