logo

日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション「FutureStage」におけるアマゾン ウェブ サービス活用モデルを販売開始

導入・運用コストを抑えつつ、BCP対応や業務効率向上を実現

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:髙橋 直也、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション「FutureStage(フューチャーステージ)」のラインアップのうち、日立システムズが中堅・中小規模企業向けに開発した「製造業向け生産・販売管理システム」と「卸売業向け販売管理システム」において、従来から提供していた自社の「リソースオンデマンドサービス」を活用したモデルに加え、日立グループが取り組むアマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)との連携強化を通じたクラウド事業強化の一環として、新たに、AWSを活用したモデルを販売開始します。(サービス提供は2014年1月から順次開始予定)
お客さまは本製品を導入することで、オンプレミス(自社内設置・運用)と比較して初期投資やランニングコスト、運用負荷が抑えられ、BCPの観点からも優れた基幹業務システムを活用することが可能です。

日立システムズでは、日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション「FutureStage」の拡販に注力しています。また、クラウド事業を注力分野の一つと位置づけ、ハイブリットクラウド環境に対応し、遠隔のサーバーをインターネット経由でリモート監視できるSaaS型の「App Bridge 統合監視サービス」、「リソースオンデマンドサービス」などを提供しているほか、設計・構築から運用・保守、ヘルプデスクサービスまでトータルにお客さまをサポートしています。
近年、中堅・中小規模企業においては、コストや業務負荷軽減、BCP対策、サーバー管理などITインフラの運用負荷軽減などの観点から、基幹業務システムについても、クラウド基盤上で運用したいというニーズが高まっています。日立システムズではこうした状況を踏まえ、日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション「FutureStage」において、AWSを活用したモデルの販売を開始します。
AWSは、スケールアップ/ダウンを即座に変更できるなど柔軟性に優れているほか、1時間ごとの従量課金のため、価格メリットが非常に高いサービスです。また、システムは複数データセンターで自動にバックアップされるため、BCP対策の観点からも効果的です。お客さまは、「FutureStage」とAWS、さらには監視・運用、ヘルプデスクサービスなどを組み合わせて活用することで、突発的な業務処理ピークや、可用性向上などに柔軟・迅速に対応することが可能となるほか、初期導入費用やランニングコスト、維持運用の業務負荷などを軽減でき、経営リソースを本来業務に集中することが可能になります。

今後日立システムズでは、日立グループのクラウドソリューションである「Harmonious Cloud」の下、日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション「FutureStage」のクラウドサービス活用モデルの拡販に注力し、「FutureStage」の売上目標(日立グループ全体で、2015年度に300億円)達成をめざします。

なお、日立グループでは、2013年6月からAWSとの連携を本格的に開始し、SAP AG社が提供するSAP ERPアプリケーションの構築・運用ソリューションの提供や、AWS上で提供する日立グループ製品のラインアップ拡充を進めています。今回の「FutureStage」のAWS対応は、日立グループが取り組むAWSとの連携強化を通じたクラウド事業強化の一環であり、今後も各種基幹業務ソリューションや、運用サービスのAWS対応を順次進めていく予定です。

■価格
個別見積り

■日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション「FutureStage」について
「FutureStage」は、株式会社日立製作所、株式会社日立ソリューションズ、日立システムズの3社が開発・販売してきた中堅・中小規模企業向けの基幹業務パッケージを統合し、業種・業務別に体系化して本年4月より販売している製造・流通業向け基幹業務ソリューションのブランドです。
日立システムズでは、2013年9月に、日立システムズが開発した2製品の機能強化を図ったほか、販売面でも専任の営業組織を新設し、全国の支社・支店を通じた拡販や日立グループをはじめとする販売会社を通じた拡販に注力しています。

■日立システムズが提供する日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション「FutureStage」のWebサイト
リンク

■「FutureStage」の総合サイト
リンク(新規ウィンドウを表示)

■お客さまからのお問い合わせ先
商品お問い合わせ窓口 : TEL 0120-346-401(受付時間:9時~17時/土・日・祝日は除く)
お問い合わせWebフォーム : リンク

■報道機関のお問い合わせ先
株式会社日立システムズ CSR本部 コーポレート・コミュニケーション部 杉山、藤原
〒141-8672 東京都品川区大崎一丁目2番1号
TEL : 03-5435-5002(直通)
E-mail : press.we@ml.hitachi-systems.com

* アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web ServicesおよびAmazon Web Servicesロゴは、Amazon.com,Inc.またはその関連会社の商標です。
* SAP、および本書で言及されるその他SAP の製品およびサービスは、ドイツおよびその他諸国におけるSAP AG の商標または登録商標です。
* Harmonious Cloud は、株式会社日立製作所の登録商標です。 リンク(新規ウィンドウを表示)
* 記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

このプレスリリースの付帯情報

サービスイメージ図

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事