logo

メガソーラー向けEPC業務で戦略的提携を締結

各社間のシナジー効果でより経済的かつ迅速なメガソーラー建設が可能に

【東京-2013年12月17日】-太陽光発電EPC(設計・調達・建設)世界最大手であるベレクトリック社(Belectric、本社:ドイツ)、ソーラーフロンティア株式会社(社長:玉井裕人、本社:東京都港区台場2-3-2、以下:ソーラーフロンティア)、昭石エンジニアリング株式会社(社長:筒井貴礼、本社:東京都港区台場2-3-2、以下:昭石エンジニアリング)の3社は、日本でのEPC業務などを中心にした戦略的提携に関する契約を締結いたしましたのでお知らせいたします。三社は、今後国内のメガソーラー案件に向けてサービスを開始いたします。

今回の提携では、CISを含むメガソーラー設置の豊富なノウハウを有するべレクトリック社の日本法人、日本市場の知見や関連業者の強力なネットワークを持つ昭石エンジニアリング、さらにソーラーフロンティアが協力体制を組むことで、実発電量に優れたCIS薄膜太陽電池モジュールの強みを最大限に活かし、迅速に経済性が高いメガソーラーの建設が可能になります。ソーラーフロンティアとべレクトリックは、2010年からの欧州における販売提携や2012年の合弁会社PV CIStemsなどが基礎となり、今回の日本での提携になりました。

3社は今年3月に売電を開始した国富メガソーラー(宮崎県国富町木脇)で、すでに共同で事業を行ってまいりました。今回の提携契約の締結により、今後の案件ではさらに迅速な協力体制の構築が可能になります。締結後の第一号案件としては、SFソーラーパワー社による片倉工業株式会社の旧末吉工場跡地(鹿児島県曽於市)のメガソーラー案件になります。べレクトリック、ソーラーフロンティア、昭石エンジニアリングの3社は、お互いの持つ強みを活かしたシナジー効果を発揮することで、お客様にとって付加価値の高いトータルソリューションを提供していくとともに、日本の太陽光発電の普及に貢献して参ります。

以上

用語解説

【ベレクトリック社について】
ベレクトリック社は地面設置型太陽光発電所と屋上設置型太陽光発電システムの建設請負会社(EPC provider:設計・調達・建設)として世界的なマーケットリーダーです。当社は世界20カ国以上で事業を行っており、これまで全世界で1GW 以上の太陽光発電システムの設置に世界で初めて成功しています。製造・開発プロセスにおける高度な垂直統合が可能なため、当社の技術力は世界でトップレベルを誇ります。事業において経済性と環境性を両立させていくことは、常に私たち1,750名の従業員の信念となっています。また100を超える多数の特許を取得できたことは当社の革新精神の証となっています。子会社のベレクトリック・ドライブ社(Belectric Drive® )は、太陽光発電事業と平行して、太陽光発電と電気自動車を組み合わせたシステムに注力しています。詳細な情報は、www.Belectric.comをご覧ください。


【昭石エンジニアリング株式会社について】
昭石エンジニアリング株式会社は、昭和シェル石油株式会社の100%子会社であり、産業用から大規模太陽光発電設備の設計、調達、施工及び試運転までを行っています。又、各種石油プラント、石油出荷システム及びサービスステーションの設計、調達、施工、検査及び補修も手掛けています。詳しくは同社ホームページ(URL :リンク)をご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事