logo

◎VistraがオランダのHVK FOSを買収

Vistra Group 2013年12月17日 13時20分
From 共同通信PRワイヤー

◎VistraがオランダのHVK FOSを買収

AsiaNet 55337
共同JBN 1526 (2013.12.17)

【アムステルダム2013年12月17日PRN=共同JBN】急速に成長している企業向けサービスグループであるVistraは17日、オランダにおけるコンサルタント企業であるHVK傘下のHVK  Family Office Services(HVK FOS)を買収したと発表した。この買収によってVistraは、最近サービス展開を始めたファミリーオフィス・サービス(Family Office Services)部門の強化を図ることになる。

前PwCの専門家グループが2011年に創立したHVKは、税務アドバイス、税制対策、ファミリーオフィス・サービス、法務・公証関連サービス、財務顧問サービスなどの分野における独立系コンサルタント企業。Vistraが最近サービスを開始したファミリーオフィス・サービス部門は、多額の純資産を持つ個人、家族向け資産管理サービスであるコンサルタント業務や、グループ構造の履行、管理業務を重点的に行っており、HVKのファミリーオフィス・サービス部門を買収することによってこの部門がさらに強化されることになる。買収によって新たな、また追加的な売上高増加が図れるのとは別に、新サービスは従来からあるVistraの信託サービスでも新たな収益の流れを生み出すものと期待されている。

今回の買収についてVistra Netherlandsのマネジング・ディレクター兼ファミリーオフィス・サービス部門のグローバル責任者であるシャーク・テン・ホーウェ氏は「HVK FOSの熟練度の高いスタッフや、高い能力が評価されている同社ネットワークをVistraグループに迎えるのをわれわれは喜んでいる。両社が一つになることによって既存の専門サービス提供を単独および複数のファミリーオフィス・サービス向けにさらに拡大できることになる。またHVK FOSの既存国際ネットワークは当然のことながら、既存のファミリーオフィス・サービス事業における選択的追加投資による急速な国際的拡大の出発点になりうるものだ」と語った。

HVK FOSのディレクター、ヤック・フェーヘル氏はこれに付け加える形で「われわれは、欧州でもっとも急速に成長している企業向けサービスグループを合体させつつある。これによって既存顧客やスタッフには恩恵と機会がもたらされる。またVistraは多額の純資産額を持つ個人、家族向け市場分野における主要サービス提供企業であることから、両社が組み合わさることによってファミリーオフィス・サービス事業部門でのさらなる成長に向けた強力な基盤がつくり出されることになる。当社の顧客は、広範囲なサービス提供、およびVistraがその他の国々で築いてきたプレゼンスから、大きな恩恵を受けることができるだろう。当社との既存契約を続けることによって、事業の継続性を確かなものにできるのは明らかだ」と述べた。

HVK FOSのヤック・フェーヘル氏がオランダでファミリーオフィス・サービス部門を率い、シャーク・テン・ホーウェ氏は、現在務めているVistra Netherlandsでのマネジング・ディレクターを兼務しつつファミリーオフィス・サービスのグローバル責任者に就任する。2014年第1四半期中には、HVK FOSはVistraの傘下企業としてブランド名称の変更を行う予定になっている。

▽Vistra Groupについて
Vistraは信託、企業、ファンドの資産管理サービスを提供する世界的な独立系企業。企業設立、経営、海外における法人化業務、ファンドの設立・運営、信託受託サービス、ファミリーオフィス、海事、航空、会計サービスなどを提供している。Vistraは世界29カ所で業務を行っており、そのネットワークは20カ国に広がっている。Vistraの専門家チームは複数の法的管轄地域をまたぐアプローチになれており、時には複雑な顧客の要望をより深く理解して顧客のために利益をもたらしている。

VistraはOV Groupの傘下にあり、同グループの傘下企業としてはVistraの他、アジアの企業設立専門の主要企業であるOffshore Incorporations Limited Group(OIL)がある。OV Groupが雇用している専門家は約750人で、信託および企業向けサービスを世界的に提供する企業としては3番目に大きい企業である。より詳しい情報は、リンクを参照のこと。

ソース:Vistra Group

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事