logo

TBWA\HAKUHODO が4年連続で 『Campaign』誌のエージェンシー・オブ・ザ・イヤーを受賞

株式会社TBWA\HAKUHODO 2013年12月13日 17時54分
From Digital PR Platform


株式会社TBWA\HAKUHODO(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO:座間一郎)は、2013年12月11日(水)シンガポールで開催されたアジア最大の広告専門誌 『Campaign Asia Pacific』が主催する2013年エージェンシー・オブ・ザ・イヤー・アワードにおいて、日本部門の「Creative Agency of the Year」を受賞しました。

「Creative Agency of the Year」は、目標達成度、クライアントの維持率、新規ビジネス獲得数、広告賞の受賞数、人材開発への取り組み、業界への貢献など、広告会社の様々な側面が総合的に審査されました。加えてエージェンシーのヘッド、クリエイティブ、新規ビジネス開拓のリーダーシップも評価され、TBWA\HAKUHODOは今年も日本のトップエージェンシーとして受賞の運びとなりました。

さらに今年は、日本・韓国部門の個人/チーム賞でも以下の賞を受賞し、これまでにない快挙となりました。

● Agency Head of the Year 
代表取締役社長兼CEO 座間一郎

● Creative of the Year 
エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクター 佐藤カズー

● New Business Development Team of the Year 
河村ゆう子チーム

営業: 金子佳、狩野綾子、高橋慶
クリエイティブ: 近山知史、清水克弘、松倉昌志、小笠原健、太田良
プランニング: ゲーリー・クルーグマン、堀江雄一郎、橋本昇平

● Account Person of the Year 
グループ・アカウント・ディレクター 河村ゆう子

● Young Achiever of the Year 
PR/インテグレイティッド・コミュニケーション・プランナー 三浦崇宏

Agency Head of the Yearは2011年に続き2度目の受賞、New Business Development Team of the Yearは昨年の高松充CSO(チーフ・ストラテジー・オフィサー)に続き河村ゆう子が率いるチームが受賞し、2年連続受賞となりました。

代表取締役社長兼CEOの座間一郎は、「4年連続で弊社がCreative Agency of the Yearを受賞でき大変光栄に思います。これらの賞を受賞できたのは、弊社に仕事を任せてくださっているクライアントの皆様のおかげです。心より感謝申し上げます。広告クリエイティブにおいてはもちろん、ビジネスの開発、プランニングでもクリエイティビティーを発揮してくれた社員の皆さんと、この喜びを分かち合いたいと思います」と述べています。


■株式会社TBWA\HAKUHODO(TBWA博報堂)について (www.tbwahakuhodo.co.jp)
2006年に博報堂60%、TBWAワールドワイド40%出資のジョイントベンチャーとして設立されました。博報堂のフィロソフィーである「生活者発想」「パートナー主義」をベースにした博報堂のクリエイティブ力や研究開発力、博報堂のネットワークを活用した質の高いメディアやプロモーションサービスと、TBWA がグローバルな市場で駆使してきた「ディスラプション(破壊的創造)」というメソッドを中心としたグローバルなノウハウを融合させ、質の高いソリューションを創造・提供し、クライアントのビジネスの成長に貢献しております。
TBWA\HAKUHODOは、設立後7年間で急速な成長を続け、「International Agency of the Year」(米国で最も権威ある広告・マーケティング誌『Advertising Age』より2012年受賞)、「Creative Agency of the Year」(『Campaign Asia-Pacific』誌 北アジアのサブ・リージョナル部門、2010、2011年連続受賞、2012、2013年日本部門受賞)など数々の賞を受賞しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。