logo

◎AudioEyeとGraftonが日米豪で行動保健用のR.E.B.O.O.T.を発売へ

AudioEye, Inc. 2013年12月11日 16時30分
From 共同通信PRワイヤー

◎AudioEyeとGraftonが日米豪で行動保健用のR.E.B.O.O.T.を発売へ

AsiaNet 55276
共同JBN 1498 (2013.12.11)

【ツーソン(米アリゾナ州)2013年12月11日PRN=共同JBN】
*行動保健治療の成果を向上させるReliable Evidenced Based Outcomes Optimization Technologies(R.E.B.O.O.T.)プラットフォーム

オーディオブラウジングと自動パブリシング・プラットフォームで特許権を有するAudio Internet (商標)の開発企業AudioEye(登録商標), Inc.(OTCQB: AEYE)(以後「AudioEye」ないしは「同社」と表記)は11日、同社がGrafton Integrated Health Networkと協力してReliable Evidenced Based Outcomes Optimization Technologies(R.E.B.O.O.T.)と呼ばれる特許申請中の技術プラットフォームを開発したと発表した。R.E.B.O.O.T.は米国、日本、オーストラリアで発売される。

このソフトウエア・アズ・ア・サービス(SaaS)プラットフォームは、AudioEyeが特許権を有するAudio Internet(商標)にGraftonが行動保健分野における50年余の診断に基づいて開発したトラッキングスキル機能、総合治療チーム間のリアルタイム通信、臨床判断サポートの機能を組み込んでいる。

R.E.B.O.O.T.は、ユーザーおよびユーザーグループが所定の時間内で目標をより効率的に達成できるように設計され、音声によってデータの入出力ができる。Graftonが特許を有する行動保健インテリジェンス・エンジンは、モバイル、ポータブル、オーディオのフォーマットで提供される意思決定支援を実現する。このソフトウエアは個人ないしは、あらゆる規模の組織が使用でき、AudioEye、Grafton、および付加価値リセラーおよび付加価値代理店で構成されるソフトウエア販売網が2014年第1四半期から発売する。

Graftonは株式非上場の非営利組織で、感情、行動、発育の問題の克服を目指す人々にサービスを提供している。

Graftonは2009年以降、オーストラリアでR.E.B.O.O.T.に関連するコンサルテーションとトレーニングのサービスを臨床および組織の意思決定のために設計されたモバイル・アプリケーションの形式で提供している。

オーストラリア・ビクトリア州のアンドレア・クート家族・地域行政相はこのほど、米バージニア州を訪れGrafton幹部と会談した。訪問目的はpracticeの進行状況を評価することと、オーストラリアの身体障害セクターでの改革を推進するためのアイデアと情報を収集することだった。

クート氏は「ビクトリア州とバージニア州は身体障害セクターでの個人治療に関心を持つ点で共通点がある。両州は患者のニーズが最優先事項であると認識しており、この優先事項として保つためには、新技術がもたらす恩恵はとてつもなく大きなものになる。Grafton経営幹部とともに精査したそのようなアプローチを支援するデータに勇気付けられた」と語った。

R.E.B.O.O.T.のユーザーは、成功例や失敗例を含め最新の診察情報を素早く得ることができるので、個人の治療の設定目標を達成するために今後の治療決定を下すことが可能となる。患者を診察する医師やスペシャリストあるいは学生を教える教師は、スマートフォン、タブレット、ないしはインターネットに接続された機器から情報にアクセスすることもできる。

クート氏はR.E.B.O.O.T.の開放性および透明性に向けたイニシアチブを称賛、「数字はうそをつかない。このため、どこかがおかしければ、ヘルスケアや教育関係者は個人のニーズに沿って治療プロトコルを素早く変更できる。感動するのは、Graftonが行動保健治療の成果を向上させる技術を活用することで、建設的な批判を奨励する自己分析評価ツールを開発したことである」と語った。

Grafton Integrated Health Networkの最高経営責任者(CEO)でR.E.B.O.O.T.と名付けたプラットフォームの考案者であるジェームズ・ゲイナー博士は「Graftonの実証治療のプレゼンテーションを行うためにシンガポール、東京、シドニーでの重要な国際シンポジウムに招かれたことは光栄であり、大変うれしく思う。行動保健、教育、技術の各セクターの成功事例を結集すれば、世界中のプロバイダーに役立ち、消費者には前向きな結果をもたらすと確信する。R.E.B.O.O.T.は、コストを抑えて品質とアクセスを向上させるという重要な変革イニシアチブのすべての主要目的達成を支援する」と語った。

バージニア州保健・福祉サービス長官のビル・へーゼル博士もGraftonを訪問しR.E.B.O.O.T.を視察、「行動保健、健康診断、精神治療をめぐる課題に加え、将来の治療を向上させることができる技術および関連ツールに関して国際的に話し合うことは極めて実りあることである」と述べた。

AudioEye, Inc.のナサニエル・ブラッドリー最高経営責任者(CEO)は「R.E.B.O.O.T.が販売されれば、収益の創出、アトランタの当社開発チームが望む2013年の最高業績、当社所定の事業計画の願ってもない進展が実現する。インターネット・アクセスおよびモバイル活用と、さまざまな機能障害を抱える個人のための公正、教育、サービス、生活の質(QoL)との間には紛れもない関連性があると信じる。未来に向けた道のりを照らし出すソリューションを提示することは、AudioEye関係者にとってのグローバルミッションである」と指摘した。

▽Grafton Integrated Health Network(Grafton)について
Graftonは1958年、特別なニーズを抱える学生にサービスの提供を開始し、1970年代には身体障害者治療の分野で果たす役割を明確に規定した。Graftonは自閉症の個人向けに初の自宅教育プログラムを開発し、その後には身体障害の個人向けに専用設計したサービスおよびプログラムが多数の公立学校に採用された。当社は現在、行動保健業界のリーダーとして、個人が充実した生活を送ることに寄与している。Graftonは短期間の安定化治療と在宅サービスから通院患者、教育、キャリア、技術トレーニングに至る継続的かつ組織的なサービスを提供している。データ駆動かつトラウマ(心的外傷)に通じたモデルを備えるこれらのプログラムによって、組織は成功するケアプランを開発でき、患者はさまざまな状況で生き生きと生活することができる。Graftonは子ども、若者、成人に対して、応用行動分析、初期介入、在宅精神治療施設、短期安定化治療プログラム、特別教育プログラム、コミュニティーベースのグループホーム、通院患者向け集中プログラム、通院患者サービスを含む一連のサービスを提供する。Grafton Integrated Health Networkのサービスおよび専門的知識に関する詳細はウェブサイトwww.grafton.orgを参照。

▽AudioEye, Inc.について
AudioEye, Inc.は2003年に創設され、特許保有のインターネットコンテンツのパブリケーションおよび配信ソフトウエアを開発し、あらゆるメディアをオーディオ・アクセス可能なフォーマットに変換するとともに、あらゆるインターネット接続デバイス上でエンドユーザーにリアルタイム配信を可能にした。同社が注力するのは、個人が利用するネットワーク接続、デバイス、場所、障害に関係なく、インターネット、プリント、放送、その他のメディアによりスムーズかつ広範にアクセスできるソリューションを提供することである。さらにAudioEyeのソリューションには、総合的なeラーニング、eコマースシステムのほか、さまざまなインターネット・パブリシング製品およびサービスがある。同社はアリゾナ州ツーソンに本社を構え、同社普通株は「AEYE」のシンボルでOTCQBに上場されている。

AudioEye, Inc.、Audio Internet、AudioEyeはAudioEye, Inc.の登録商標である。ここに表記されているシステムおよび技術は米国および世界で、米特許US7966184、US7653544、US8046229、US8296150、US8260616、US8589169および特許申請中として全面的ないしは部分的に保護されている。これらの製品によって、AudioEyeの顧客は高度にスケーラブルにアクセス可能なボイスブラウジング・アプリケーションを開発、提供することが可能となる。

詳細はウェブサイトwww.audioeye.comを参照するか、電話866.331.5324で問い合わせを。

ソース:AudioEye, Inc.

▽問い合わせ先
Nathaniel Bradley,
CEO, AudioEye, Inc.,
+1-866-331-5324

RJ Falkner & Company, Inc.,
Investor Relations Counsel,
+1-830-693-4400,
info@rjfalkner.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。