logo

MetaMoJiが「Note Anytime」をメジャー・アップデート

iOS、Android、Windows8版すべて同時に、全世界に向けて提供開始

株式会社MetaMoJiは、モバイル端末用デジタルノートアプリ「Note Anytime」のメジャー・アップデート版を、iOS、Android、Windows8版全て同時に、本日2013年12月10日より全世界向けに提供開始しました。今回のメジャー・アップデートでは、より直感的でわかりやすい操作性を目指し、ユーザーインターフェイスを全面的に刷新しました。万年筆ペンの追加、テキストボックス強化等の編集機能の強化と、手書き文字をフォントに変換し、再利用性を向上する「後からテキスト」*等の新機能の追加を行いました。さらに他者とデータ共有できる「共有ドライブ」機能を追加した「デジタルキャビネット」をご利用いただける「Anytime 有料サービス」の提供も開始します。「Anytime 有料サービス」は、当面iOS版のみの提供となり、2014年3月まで無料提供を予定しています。



2013年12月10日
株式会社MetaMoJi

MetaMoJiが「Note Anytime」をメジャー・アップデート
~ iOS、Android、Windows8版すべて同時に、全世界に向けて提供開始 ~

株式会社MetaMoJi(本社:東京都港区、代表取締役社長:浮川 和宣)は、モバイル端末用デジタルノートアプリ「Note Anytime」のメジャー・アップデート版を、iOS、Android、Windows8版全て同時に、本日2013年12月10日より全世界向けに提供開始しました。 

「Note Anytime」は、2012年9月の発表以来、シンプルで直感的な操作性と、ドキュメント作成業務に適用できる豊富な機能、3つの主要モバイルOS全てに対応している点が高く評価され、世界最高峰のデジタルノートアプリとして、国内外で数多くの賞を受賞しています。

「Note Anytime」は、『長期的な利用』を最重要テーマとして設計・開発されました。デジタル化のメリットである各種の編集機能や、最先端のクラウド・サーバー技術の粋を結集し、文書の進化の最先端を提供することで、未来のライフスタイルを世界中のユーザーの方々に取り入れてもらうことを目指しています。

今回のメジャー・アップデートでは、より直感的でわかりやすい操作性を目指し、ユーザーインターフェイスを全面的に刷新しました。万年筆ペンの追加、テキストボックス強化等の編集機能の強化と、手書き文字をフォントに変換し、再利用性を向上する「後からテキスト」*等の新機能の追加を行いました。さらに他者とデータ共有できる「共有ドライブ」機能を追加した「デジタルキャビネット」をご利用いただける「Anytime 有料サービス」の提供も開始します。 「Anytime 有料サービス」は、当面iOS版のみの提供となり、2014年3月まで無料提供を予定しています。

日本語手書き変換「mazec」は、2013年10月から「Share Anytime」で先行提供されていたバージョンである「mazec 3」となり、くせ字認識、略字登録機能が追加され、さらにパーソナルなツールに進化しています。

今回の「Note Anytime」のメジャー・アップデートに伴い、「Note Anytime」は有償となり、新たに機能を絞った「Note Anytime Lite」(無償版)を提供します。

MetaMoJiでは、今後もさらなる機能拡張を進めて、モバイル端末でのコンピューティングの世界を拡げてまいります。

* 日本語手書き変換「mazec」が必要です。


■Note Anytimeのアップデート・ポイント
- ユーザーインターフェイスの全面的刷新
- 有償版「Note Anytime」と無償版「Note Anytime Lite」の設定

<有償版での機能強化ポイント>
- ペン種類の増加(万年筆)
- 色指定の強化
- 投げ縄ツールの強化
- テキストボックスの強化(箇条書き、連番、スペルチェック)
- 後からテキスト(要mazec)(iOS版のみ)
- デジタルキャビネットの操作性改善
- テキスト検索・置換(置換機能はiOS版のみ)
- Google Drive連携
- オフィス文書読み込み(iOS版のみ)
- パスワード設定
- Anytimeサービスの提供 (有償版のみ) 共有ドライブ、自動同期設定 等

■mazec3のアップデート・ポイント
・字形学習機能(くせ字認識、略字登録)
・Share Anytimeで「mazec」 を既にご購入いただいているユーザーの皆様は、デジタルキャビネットに登録することで、無償で「mazec 3」をお使いいただけます。

■Note Anytime製品構成

<iPad/iPhone , Android , Windows 8/RT共通>
・「Note Anytime」 800円 (発売記念セール期間中は、200円で販売されます)
・「Note Anytime Lite」無料

<Windows 8/RTのみ>
・「Note Anytime Premium」 1,950円 
「mazec3」(すべての言語)アドオンが付いた「Note Anytime」相当

<有償アドオン>
・ 手書き変換アドオン「mazec3」

日本語 700円 (iPad/iPhone) 600円(Windows 8)
英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、ポーランド語、中国語(繁体字、簡体字)、(韓国語)各800円 (iPad/iPhone) 各600円(Windows 8)
すべての言語 2,000円 (iPad/iPhone) 1,550円(Windows 8)

・ Anytime 有料サービス (2014年3月まで無料提供予定)  (当面iPad/iPhoneのみ)
無料期間終了後は月額200円(予価) 

<日本語手書き変換 mazec>(Android 版のみ単体アプリとして提供されます)
・「mazec3」 980円 

<提供開始>
2013年12月10日より、Apple AppStore、Google Play , Windows Storeにて順次提供されます。


<訂正とお詫び>

当初配信されたリリース文の<有償アドオン> 手書き変換アドオン「mazec3」の価格が間違っておりました。

現在、訂正された価格を表示してあります。 ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。


【Note Anytime概要】
<Note Anytimeのコンセプト>  

「未来を先取りしている文書作成」
・ デジタル化のメリットである各種編集機能をインターネット、クラウド、サーバー等の新技術を次々と開発し、文書の進化の最先端を提供することにより、未来のライフスタイルを取り入れてもらう。
・ 簡単なメモでも大切な資料となる。また、時間をかけて作成した文書は、再利用性が高い。今書いているものを将来さらに有用な情報となりうる技術の開発と使い方の提案を行い、「長期的な利用」始点を最重要テーマとする

「わかりやすい操作性でメモから本格的文書まで」
・ 思いついたことを簡単な操作でスムーズにかける
・ 書くときは、レイアウト、線種、手書きか文字コードなどに気にかけず手早く書き上げる。あとから最小の手間で意図した文書に仕上げる。

<Note Anytimeの特徴>
1. 紙とペンのように自由自在な、手書きノートアプリケーション
手書きで文字や図を書いたり、写真を貼り付けたり、文書作成ピンチイン・ピンチアウトの操作で自由自在に拡大・縮小ができるので、驚くほど緻密な表現が可能。スマートフォンの小さな画面でも編集できます。書き込んだ文字や図は、拡大・縮小しても劣化せず美しさを保ちます。

2. いつでもどこでも、あらゆるデバイスで使える
iPad、iPhone、Android端末、Windows 8に対応しています。作成したノートも登録したアイテムも、デジタルキャビネットにバックアップしておけば、異なるデバイスからでも、いつでもどこでも同じ文書を共有できて、同じ環境で使えます。たとえば、iPadで作成した文書を、Android端末で閲覧、編集することも可能です。

3. 使い勝手、表現力にこだわった多彩な機能
・ PDFを読み込んで書き込み、PDFで送信(送信はiOSのみ)
・ 自由自在な拡大・縮小で緻密な文書作成
・ 手書き文字をより美しく
・ 手書き文字をスピード変換(有料アドオン)

4. プライベートからビジネスまで、あらゆるシーンで活用できる
プレゼンテーション、資料作成、手帳・予定表などのビジネスシーンから、バースデーカード、キャラ弁記録、楽譜、授業ノート、パーティーの招待状、ペットの成長記録、スケッチなどのプライベート利用まであらゆるシーンでお使いいただけます。

※さらに詳しい情報は、以下製品サイトをご覧ください。
リンク


■株式会社MetaMoJiについて
株式会社MetaMoJiは、研究開発(R&D)機能を有するビジネスインキュベーターです。先進的なIT技術をベースとし個人や組織の活動から製品やサービスまで多様な情報の革新的な知識外化(みえる化)システムの研究開発、さらにそれらを基盤とした多方面にわたる知的コミュニケーション・システムを研究開発し、その成果を事業化することを目指します。リンク

※iPad, iPhoneはApple Inc.の商標です。
※AndroidはGoogle Inc.の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。